7月に「サミット」開催 在宅ケアアライアンス

2022年 5月 20日

 一般社団法人日本在宅ケアアライアンス(新田國夫理事長)は7月17日、都内で「日本在宅ケア・サミット2022 いのち・くらし・生きがいを支える」を会場とオンラインによるハイブリッド形式で開催する。

 同アライアンスは医療・介護に関連する団体が結集して2015年に設立、20年に法人化した。「サミット2022」では、法人3年目を迎え、在宅医療・ケアの課題解決に向けた最新の取り組みと研究成果を報告する。

 そのほか、樋口恵子さん(評論家・「高齢社会をよくする会」理事長)の特別講演や、在宅ケアを支える専門職によるシンポジウム「生きがいを支える在宅ケア~多職種で考える~」が予定されている。

●日時 2022年7月17日(日)、13時~17時
●場所 東京大学・伊藤謝恩ホール(12時30分開場)
●参加費2000円(事前申し込みが必要)
●問い合わせ先 電話03-5213-4630 メールzaitaku@jhhca.com(日本在宅ケアアライアンス事務局)

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

直営葬儀ホール展開へ合弁会社 学研・きずな🆕

   サービス付き高齢者向け住宅とグループホームのトップカンパニーである学研ココファンと、「家族葬のパイオニア」きずなホールディングスは、共同出資によりライフエンディング事業に関する合弁会社「学研ファミーユ」を設立する。  超高齢化社会の先に訪れる多死社会に向け、直営で葬儀ホールを展開する。まずは学研ココファンのサ高住の拠点数が多い神奈川県を中心に出店を行い、その後、出店エリアを全国に拡大する。2032年をめどに100ホールの開設を目指す。...

屋内配送ロボットの病院内実証実験を実施🆕

 藤田医科大学・川崎重工業・SEQSENSEは、川崎重工とSEQSENSEで共同開発した屋内配送向けサービスロボットを使った配送業務自動化の実証実験を、8月8、9日に藤田医科大病院で実施した。
 実証実験は昨年10月のフェーズ1、今年2月のフェーズ2に続き…

マッスルスーツ腰補助モデル発売 イノフィス🆕

 イノフィスはアシストスーツの新製品として腰補助モデルの「マッスルスーツGS-BACK」の販売を開始した。
 歩いたり、しゃがんだり、立ち上がったりする連続作業の際の腰の負荷を軽減する。物流業の倉庫管理、運送業の積み込み・積み下ろし、製造業のピッキング…

簡便な認知症診断支援AIプログラムを開発

 慶應義塾大学医学部の岸本泰士郎特任教授らとデータ解析企業のFRONTEOは、自然言語処理(NLP)を用いた「会話型認知症診断支援AIプログラム」を開発した。  高齢者と医療者の間で行う自由会話文を基に認知症を検知するもので、記憶や計算などの検査を行わなくても、認知症の識別が可能となる。  認知症の診断は通常、病歴の問診に加え、画像検査、記憶や計算力などを測る複数の認知機能検査によって行われる。  しかし、これらの検査は専門性が高く、検査を行う医療従事者が訓練を受ける必要があったり、時間がかかったりするなどの問題があった。...

悠翔会ホームクリニック知多武豊が開設

 悠翔会(東京都港区)は8月1日、愛知県・知多半島に21拠点目となる悠翔会ホームクリニック知多武豊を開設した。  ホームクリニック知多武豊は全国平均よりも高齢化率の高い知多半島全域を訪問エリアとし、24時間体制の在宅医療で地域のニーズに応えていく。  また、総合診療医育成の新たな拠点ともなる予定。総合診療とは臓器ごとの病気に着目するのではなく、患者が抱える健康問題を横断的に診る診療科のこと。  家族や地域全体をみる専門科で、患者全体を支える在宅医療と非常に親和性が高いと考えられている。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(8月8-14日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS