7月に「サミット」開催 在宅ケアアライアンス

2022年 5月 20日

 一般社団法人日本在宅ケアアライアンス(新田國夫理事長)は7月17日、都内で「日本在宅ケア・サミット2022 いのち・くらし・生きがいを支える」を会場とオンラインによるハイブリッド形式で開催する。

 同アライアンスは医療・介護に関連する団体が結集して2015年に設立、20年に法人化した。「サミット2022」では、法人3年目を迎え、在宅医療・ケアの課題解決に向けた最新の取り組みと研究成果を報告する。

 そのほか、樋口恵子さん(評論家・「高齢社会をよくする会」理事長)の特別講演や、在宅ケアを支える専門職によるシンポジウム「生きがいを支える在宅ケア~多職種で考える~」が予定されている。

●日時 2022年7月17日(日)、13時~17時
●場所 東京大学・伊藤謝恩ホール(12時30分開場)
●参加費2000円(事前申し込みが必要)
●問い合わせ先 電話03-5213-4630 メールzaitaku@jhhca.com(日本在宅ケアアライアンス事務局)

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

介護有資格者のスポット雇用で連携

   介護施設向けに「夜間オンコール代行サービス」を提供するドクターメイト(東京都中央区)は、有資格介護職が空いた時間を活用し、スポットですぐに働けるサービス「カイスケ」を運営するカイテク(東京都港区)と業務提携した。  新型コロナの第7波の施設内クラスターなどにより、臨時に介護スタッフが不足した介護施設の不安解消が目的。  ドクターメイトが提供する医療相談サービスと夜間オンコール代行サービスを契約している高齢者介護施設は、ウエブ上で介護有資格者のオンデマンド雇用(スポット雇用)ができるカイスケの活用までできる。...

訪問予定管理ソフトを大幅に更新 CareMaker

 CareMaker(東京都渋谷区)在宅医療・介護に特化したAIによる訪問スケジュール管理クラウド「CareMaker」を大幅にアップデートした。  これまで、スケジュール作成にあたって必要情報を入力するには、専用の別ページに移動したり、最適化結果を閲覧するページもスケジュールにどのように反映されるのかを照らし合わせづらいなどの課題があった。  そこで、ホワイトボードのように、表示中の画面で一連のワークフローを進行できるシングル・ページ・アプリケーションを取り入れた。...

効率的な地域医療を共同研究 富士通・津田塾

 富士通と津田塾大学は、患者へのサービスの質の向上と地域のサービス提供の効率化の両立を目指すソーシャルデザインの共同研究を8月25日から開始した。  AIなどのデジタル技術と実証経済学などの人文社会科学の知見を融合したコンバージングテクノロジーにより、限られた社会資源で質の高い医療や健康サービスを提供できる体制の実現を目指す。  高齢化が進む中で、限られた社会資源を効率的に使い、医療や介護の質を維持できる持続的なサービス提供体制の構築が世界的な社会課題となっている。...

経産省介護事業所DX推進事業に参画 善光会

 社会福祉法人善光会(東京都大田区)サンタフェ総合研究所は、今年度の経済産業省「ケアテックによる地域介護事業所の DX 推進コミュニティ」に参画し、地域の介護事業所を支援する。  経産省の地域DX促進活動支援事業によるもので、介護領域では事業者として一般社団法人ケアテック協会が採択を受けた。  同協会はDX推進コミュニティを創設し、コミュニティの一員である善光会が DXによる地域介護事業所の支援を実施することになった。...

位置情報連携で医師・看護師の訪問時間を短縮

 在宅医療支援サービス「ON CALL」を運営するon call(東京都港区)は8月18日、GPS連携機能を試験導入した結果、待機ドクターと往診ディレクター(看護師)の患者宅への到着時間の早期化を実現したと発表した。
 ON CALLでは夜間休日対応のコールセンターがクリニックに代わり…

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(9月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS