超音波デブリードマン装置販売へ グンゼ子会社

2020年 11月 17日

 グンゼの連結子会社メディカルユーアンドエイ(大阪市北区)は、来年1月から超音波デブリードマン装置「ウルトラキュレット」=写真=の販売を開始する予定だ。同社は国内で初めて超音波の特性を活かしたデブリードマン装置を開発し、保険適用された。将来的には在宅治療での使用も視野に入れて普及を図る。

 デブリードマンとは、褥瘡や下肢潰瘍などの創傷治療で、壊死組織や感染組織を除去し、創を清浄化すること

デブリードマン

で他の組織への影響を防ぐ外科処置のこと。超音波デブリードマン装置を使うことで、細菌(バイオフィルム)の軽減、出血量の低減、治癒率の向上が報告されている。

 メディカルユーアンドエイは、医療従事者の要望に応え、効果的なデブリードマンを実現するためにチップの形状を工夫するとともに、操作が簡単で、軽量・コンパクトな製品の開発を進めてきた。

 今回開発した超音波デブリードマンは、ハンドピース内の振動子から超音波が発生し、創部に与えるチップの機械的振動とキャビテーション効果を利用して、健常組織を温存しながら選択的に壊死組織やバイオフィルムを除去する。

 タッチパネル搭載により、直感的な操作が可能。ハンドピース先端のLEDライトが視認性を向上させる。軽量・コンパクトなので、病棟や外来、在宅などの処置への携行が可能で、メンテナンスデブリードマンに適している。

 また、チップやハンドピース、チューブ類全て滅菌のうえ再使用可能であるため、処置ごとのコストが低減できる。

 今後は国内での超音波デブリードマン装置の啓発・普及を促進し、患者のニーズに応えるため、在宅治療でも使用できる環境整備に努めていく。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

前橋に「デンタルクルーズ」の訪問歯科 桜樹会🆕

 医療法人桜樹会(神奈川県逗子市)はこのほど、「さくらぎ群馬いきいき歯科」(前橋市)を開院した。8月1日から診療を始め、自力で歯科へ通院できない患者を対象に、主に入居施設を訪問して歯科医療を行う。  同会は訪問歯科ブランド「デンタルクルーズ」により全国に20医院を設け、月間約1万4000人の患者に訪問診療を行っている。...

「こども発達支援事業所」開設 聖隷福祉事業団🆕

 社会福祉法人聖隷福祉事業団(浜松市)はこのほど、心身の発達に課題のある未就学児を対象とした「聖隷こども発達支援事業所かるみあ和合」を市内にオープンした。
 乳幼児健診の要フォロー児数の増加と……

ダマにならない液体とろみ剤発売へ ピジョン

 ピジョンは介護用品ブランド「ハビナース」から、調味料感覚で料理にかけるだけで簡単にとろみがつけられる「液体とろみ かけるだけ」を8月10日に全国で発売する。
 液体タイプなので……

「カイポケ」タブレットが3万台突破 SMS

 エス・エム・エスの介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」のタブレット導入台数が3万台を突破した。  カイポケはICT活用による業務効率化や財務改善など、介護事業者の経営改善に役立つサービスを提供するクラウドサービス。  介護事業所運営に必要な記録や介護保険請求に関する業務支援機能、勤怠、求人、会計、ファクタリングサービス、各種備品調達、スマートフォンレンタルサービス、介護業界向けM&Aサービスなど、介護事業者の経営を支援する40以上のサービス・機能を提供する。...

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(7月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS