ドラゴンネット設立25周年会議を来月開催

2023年 11月 14日

 アジア7カ国・地域(日本、韓国、シンガポール、香港、台湾、タイ、マレーシア)の医療政策研究者のネットワーク「ドラゴンネット」(主宰・長谷川敏彦氏)が設立25周年記念会議を開催する。

 先進国以外の国が国民皆保険(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ、UHC)を達成しているのは、世界でアジアだけである。ドラゴンネットは1998年、アジアにおけるUHC の発案、設計、実施、発展を目的に結成された。

 結成の背景には、アジアで最初にUHCを達成した日本の国民皆保険の経験への期待がある。各国の医療政策研究者の互いの経験の交換によって、アジアでのUHC の発展に寄与してきた。

 25周年記念会議では、アジアの UHC の創設・発展過程を総括し、今後の保健医療の議論を深めるために、制度創設者が一堂に会する予定。アジアのUHCの発展を発信するとともに、アジアの保健医療の課題や今後のUHCのあり方を議論する。

ドラゴンネット

15周年記念会議の参加者たち(2013年)

【開催要項】

日時 2023 年 12 月 9 日(土)9~18時(8時30分開場)
会場 東邦大学医学部大学院講堂(医学部本館 3 階)https://www.toho-u.ac.jp/med/cam_life/map/index.html

参加費(資料代、昼食代含む) 一般5000円、学生2500円*社会人学生は一般扱い

*以下URLから事前登録が必要

 https://forms.gle/yAhx1yALL1ejk4cZ6

 主な登壇者 

 (台湾)Prof. Tung Liang Chiang(江東亮)国立台湾大学公衆衛生学部教授
 (韓国)Prof. Soon-man Kwon ソウル大学公衆衛生大学院医療政策管理学部教授
 (シンガポール)Prof. Phua Kai Hong シンガポール国立大学リー・クアンユー公共政策大学院教授
 (香港)Prof. Peter P. Yuen 香港理工大学学長
 (タイ)Dr. Winai Sawasdivorn 前タイ保険庁長官
(日本)長谷川友紀・東邦大学医学部教授(社会医学講座公衆衛生学分野、医療政策・経営科学分野)、長谷川敏彦・一般社団法人未来医療研究機構代表理事、平尾智広・香川大学医学部教授(公衆衛生学)

 *会議は英語で行われ、同時通訳設備はない

問い合わせ先 dragonnet25th@gmail.com(ドラゴンネット25周年記念会議事務局)
ドラゴンネット関連情報http://dragonnet1998.org/

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

訪問向けスケジュール管理ソフトの機能を向上

 訪問看護・訪問介護向けスケジュール管理クラウド「CareMaker(ケアメーカー)」を展開するCareMaker(東京都中央区)は、ケアプラン・サービス計画の管理機能をアップデートした。  事業所における月末・月初のサービス計画更新業務を効率化するとともに、計画に対して訪問予定の割り当て状況の確認を容易にし、抜け漏れ防止にもつながる。  訪問看護・介護サービスは、業務特性上、ケアマネジャーから毎月サービス計画の共有と、それに伴う更新に加え、計画通り予定が登録できているかどうかの確認作業が生じる。...

重心・医ケア児者の母親が働くカフェが完成

 社会福祉法人「あいの実」(仙台市)は、重症心身障害や医療的なケアを必要とする子を持つ母親が社会参加できる環境づくりを目指し、クラウドファンディングを活用してカフェを建設した。  建設に際しては、READYFORによるクラウドファンディングで223人の支援者によって約400万円が集まった。今後、カフェでの就業訓練やプレ・オープンなどを経て、4月に正式オープンする予定だ。  重症心身障害児者・医ケア児者の家族は「普通の暮らし」からほど遠く、特に医ケア児の母親の就労機会は非常に限られている。...

「HitomeQ コネクト」と「ケア樹」が連携

 コニカミノルタQOLソリューションズとグッドツリーは、介護施設向け総合コミュニケーションツール「HitomeQ(ひとめく)コネクト」とクラウド型介護ソフト「ケア樹(けあき)」の連携を開始する。このサービスに関する無料ウエブセミナーを1月30日(火)午後2時から開催する。
 
 HitomeQ コネクトは介護サービス事業所が行う、家族への一斉連絡や面会予約管理、文書送付・同意取得、安否確認など、さまざまなコミュニケーション機能を備えた総合アプリケーションである。
 
 全国300施設以上の介護事業所に導入され…

災害対策支援にキャンピングカーを貸与 JRVA

 日本RV協会(横浜市、JRVA)は石川県珠洲市からの要請を受け、能登半島地震の災害対策支援のため、会員企業のキャンピングカー数十台の貸与を決定した。  これらのキャンピングカーにより、被災地の復興を担う自治体職員と全国各地からの応援職員の宿泊場所となる「RVパーク村」を珠洲市内に設立する。最大120人を対象とし、期間は1~3カ月。今後、他の市町村にも拡大する予定だ。...

介護の絵本を名古屋市内の全小中学校に寄贈

 全国介護支援協会(名古屋市)は、介護の絵本「つむぐ つながる 共に。」を名古屋市内の全小・中学校へ寄贈した。  この絵本は介護現場で働いている人の生の声を伝えようと、原作・絵など可能な限り介護・福祉関係者の手により作り上げたもの。  絵は同市内のデイサービスの利用者である山田恒子さん(98歳、制作当時は94歳)が担当した。山田さんは70歳ごろか絵を描き始め、現在も書き続けているという。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(2月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS