屋内配送ロボットの病院内実証実験を実施

2022年 8月 11日

病院ロボット01

 藤田医科大学・川崎重工業・SEQSENSEは、川崎重工とSEQSENSEで共同開発した屋内配送向けサービスロボットを使った配送業務自動化の実証実験を、8月8、9日に藤田医科大病院で実施した。

 実証実験は昨年10月のフェーズ1、今年2月のフェーズ2に続き3回目となる。12月に最終の実証実験を行い、今年度内の藤田医科大学病院でのロボット導入を目指す。

 医療従事者の負担軽減・業務効率化が目的。今回の実証実験では、スタッフステーションから検査室までの検体搬送業務に必要な機能や現場での運用方法について検証した。

 患者や医療機器など多くの人やものが行き交う病院環境下で、ロボットはよりスリムで多くの荷物を積めるようにするなど、これまでの実証実験で抽出されたニーズを反映した設計とした。

 また、さまざまな建物に警備ロボットを提供しているSEQSENSE独自開発の3D LiDARシステムと自律走行制御技術を機体に導入することで、広範な空間認識とこれに伴う障害物などの検知能力を向上し、世界最高峰の自律走行性能を実現した。

 フェーズ3で病院環境下での安全走行・使い勝手などの最終的な課題を洗い出し、12月以降の実証実験では、エレベーター・セキュリティドアなどのインフラとの連携を含んだ本格導入に向けた開発を進めていく。

 今後、実証実験で3者がそれぞれの知見を活用することにより、医療現場での労働力不足の解消や医療従事者の負担軽減に寄与し、より質の高い医療を提供できる環境の整備に向けた取り組みを進める。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

AIケアプランに支援内容提案を追加 CDI🆕

 シーディーアイ(CDI)はAI(人工知能)ケアマネジメント支援ツール SOIN(そわん)に新機能として「支援内容提案AI」を追加した。ユーザーは新機能を追加料金なしで利用できる。  従来のSOINは状態改善に効果的なサービスプランと将来の状態予測を提案することで、「どのようなサービスがよいか」を知らせた。新機能は個別事例に応じた支援の内容を提案するもので、自立支援で重要な「どのような支援がよいか」を提案する。...

姿勢を検知するセンサーが好調 トーヨーケム🆕

 トーヨーケムの自動で姿勢を検知するセンシングシステム「Fichvita(フィッチヴィータ)」を採用した、パラマウントベッドの床ずれ防止エアマットレス「ここちあ利楽(りらく)flow」の販売が好調だ。  Fichvitaはシート状のユニットを組み合わせて使用する非光学式行動検知システム。個人情報を収集せず、生活に溶け込んだセンシングが可能である。  ここちあ利楽flowのマットレスの内部には、上下から挟み込むようにFichvitaが設置されている。...

WHILLとPORTERのコラボバッグ発売

 近距離モビリティ「WHILL」を展開する WHILL(東京都品川区)は、𠮷田カバンのメインブランド「PORTER(ポーター)」とコラボレーションしたブリーフケースとショルダーバッグを…

「まもる~の」の新製品を発売 ZIPCARE

 ZIPCARE(東京都千代田区)は9月19日、次世代型見守り機器「まもる~のSHIP」(施設向け)と「まもる~のONE」(在宅向け)を発売した。  新製品はアプリ経由で通信を行うため、どこにいてもスマートフォンで通知ができるようになった。  まもる~のSHIPは、利用者のベッドに設置することで、睡眠やバイタル(脈拍・呼吸)、離床、居室内環境(温度・湿度・照度・気圧)を的確にとらえて通知する。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(9月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS