介護事業者に感染症対策求める 厚労省分科会

2020年 11月 10日

 介護事業者の新型コロナウイルス感染症対策として、厚生労働省は事業者に委員会の開催や指針の整備、研修や訓練(シミュレーション)の実施を求める方針を示した。11月9日に開催した社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護給付費分科会で提案した。

 感染症対策の徹底については、これまでの議論を通じて、委員から研修内容の充実や訓練の実施を求める意見が出されていた。また、訪問系の感染症対策に関する基準では、施設系と異なり委員会の開催や研修が求められていないことから、訪問系についてもこうした取り組みが必要との意見があった。

 厚労省の提案では、施設系や訪問系などのサービスの違いを問わずに対策を求めることになる。

 さらに、感染症や災害が発生した場合であっても、必要な介護サービスが継続的に提供できる体制を構築する観点から、全ての介護サービス事業者を対象に、業務継続に向けた計画(BCP)の策定を義務付けることも今後、検討していく。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

次期調剤報酬改定に向け議論を開始 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は7月14日、厚生労働省から示された次期調剤報酬改定の論点を議論した。
 論点の主なものは、薬局の対物業務から対人業務への構造的転換の推進……

診療所の休廃業が過去最多傾向 帝国データ調べ

 帝国データバンクの調査で、無床診療所の休廃業・解散が258件と過去最多ペースで推移しているほか、すでに昨年の通年件数に並んだ倒産の9件と合わせ、267の診療所が休んだり閉じたりしていることが分かった。  6月までに廃業や倒産の累計が250件を超えたのは初めて。このペースが続いた場合、今年は過去最多となった2019年の406を大きく上回る、500以上の診療所が休廃業などを行う可能性があるという。...

1年で相談2500件 神戸ひきこもり支援室

 神戸市は6月29日、「ひきこもり支援室」を開設してから約1年間の相談件数が2516件だったと発表した。  同市はひきこもりに対する要支援者が約6600人いると推計し、「神戸ひきこもり支援室」を昨年2月3日に開設。ワンストップの相談窓口として、背景にある健康や就労、教育、住居などの問題にも関係部局・機関と連携して対応してきた。  今年3月までの約1年間の相談件数2516件のうち、半数程度が支援室と分室を直接訪れ、その次に電話での相談が多かった。...

日本の総人口1億2600万人 減少幅は縮小

 総務省が6月25日に発表した国勢調査の速報値によると、2020年の外国人を含む日本の総人口は1億2622万6568人で、5年前の前回調査に比べ86万8177人減少した。ただ、減少率は0.68%減で、外国人が増加したことなどで、前回より減少幅が縮小している。...

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(7月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS