2024報酬改定案を議論 給付費分科会

2023年 12月 18日

 12月18日、第236回社会保障審議会介護給付費分科会が開催され、令和6年度(2024年度)介護報酬改定に向けて「審議報告のとりまとめに向けて②」を議論した。

 改定の柱は1.地域包括ケアシステムの深化・推進、2.自立支援・重度化防止に向けた対応、3.良質な介護サービスの効率的な提供に向けた働きやすい環境づくり、4.制度の安定性・持続可能性の確保、5.その他、の5つ。

 前回(令和3=2021=年度)改定の柱は1.感染症や災害への対応力強化、2. 地域包括ケアシステムの推進、3. 自立支援・重度化防止の取組の推進、4.介護人材の確保・介護現場の革新、5. 制度の安定性・持続可能性の確保、であった。

 前回改定の1を除けば、柱はほぼ共通している。2024改定の「3.良質な介護サービスの効率的な提供に向けた働きやすい環境づくり」は前回の「4.介護人材の確保・介護現場の革新」のアップデートであり、処遇改善加算の一本化などが盛り込まれた。

 それぞれの柱の中に掲げられた改定項目を前回と比較してみた。

◎地域包括ケアシステム
 項目数は6→8に増加。前回は「柱」だった「感染症や災害への対応力」がこちらに移動。新たに「高齢者虐待防止」「福祉用具貸与・特定用具販売の見直し」が加わった。

◎自立支援・重度化防止
 項目数は3→3と変わらず。前回の「寝たきり防止等、重度化防止の取組の推進」は2024改定では「自立支援・重度化防止に係る取組の推進」となった。その中身は、通所介護・通所リハの入浴加算見直しなど。前回の「介護サービスの質の評価と科学的介護の取組の推進」は「LIFEを活用した質の高い介護」となった。

◎働きやすい環境づくり(前回の「介護人材の確保・介護現場の革新」と比較)
 項目数は3→3と変わらず。2024改定が掲げるのは「介護職員の処遇改善」「生産性の向上等を通じた働きやすい職場環境づくり」「効率的なサービス提供の推進」で、前回より表現が簡素化されている。

◎制度の安定性・持続可能性の確保
 項目数は2→2と変わらず。中身も「評価の適正化・重点化」「報酬の整理・簡素化」と、前回とほぼ同じ。

◎その他
 項目数は4→4と変わらず。4項目すべて前回と2024改定では異なる。2024改定には「通所系サービスにおける送迎に係る取扱いの明確化」が盛り込まれ、利用者の居住実態のある場所を送迎先に含めること、他の介護事業所や障害福祉サービスの利用者の同乗を可能とすることが盛り込まれた。

 審議報告案にはこれら改定の内容とは別に、上記5つの柱ごとに「Ⅲ 今後の課題」がまとめられた。2024改定には入らなかったが、その次(2027年度)の改定に向けて引き続き議論されるテーマである。複合型サービス(訪問介護と通所介護の組合せ等)など、多岐にわたる内容が網羅されている。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

2040年度に介護職員数が約57万人不足 厚労省推計🆕

 厚生労働省の推計によると、65歳以上の高齢者数がピークを迎える2040年度に必要な職員数は約272万人で、現状のままでは約57万人不足することが分かった。26年度に必要な職員数は約240万人で同約25万人不足する。
 
22年度の介護職員数は約215万人。40年度に必要な職員数を確保するには…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

訪問看護ステーション数が過去最多に 全訪看🆕

 全国訪問看護事業協会がまとめた4月1日現在の全国の訪問看護ステーションの稼働数は1万7329カ所で、前年に比べ1632カ所(12.3%)増加して過去最高となった。
 
 2023年度中に新規に開設された事業所数は2437カ所で、同469カ所(23.8%)増えた。訪問看護ステーション数は10年度以降、右肩上がりで増加しており…

新たな介護予防サービスを3区で開始 横浜市

 横浜市はフレイルを予防・改善し、多くの高齢者が自立した生活を続けられることを目的に6月から新たな介護予防サービスを南・栄・泉の3区で開始した。
 
 健診データ・診療データ・要介護認定情報またはフレイルチェックシートを活用し、フレイルなどの高齢者を把握する。身体機能や栄養状態、口腔機能の低下が懸念される人に介護予防サービス利用の案内を送付。個人の状態に合わせて…

子どものいる世帯2割弱 1人暮らしが過去最多に

 厚生労働省の「2023(令和5)年国民生活基礎調査」によると、昨年6月1日時点の全国の世帯総数は5445万 2000世帯で、このうち1人暮らしの世帯が1849万5000世帯で全世帯の34.0%を占め、調査を開始した1986年以来、過去最多となったことが分かった。  18歳未満の子どもがいる世帯は983万5千世帯で、全世帯の 18.1%。世帯数・割合とも過去最少だった。  高齢者世帯は 1656 万世帯(全世帯の...

23年の合計特殊出生率は1.20で過去最低に

 厚生労働省がまとめた2023年の日本の人口動態統計(概数)によると、1人の女性が生涯に産む子供の数を示す「合計特殊出生率」は、1.20で、1899年の統計開始以来、過去最低となった。  2006年から上昇傾向が続いていたが、14年に低下し、15年に再上昇した後、16年から再び低下。22前年比では0.06ポイント低下した。  都道府県別では沖縄県が1.60で最も高く、宮崎県(1.49)、長崎県(同)が続いた。最も低いのは東京都で0.99と、初めて1を下回った。以下、北海道(1.06)、宮城県(1.07)の順だった。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(7月8-14日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS