かかりつけ医機能の加算で意見が対立 中医協

2023年 11月 10日

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は11月10日、外来医療などに関する議論を行い、かかりつけ医機能に関する評価をめぐり、支払側委員が外来管理加算の廃止やサービス担当者会議を地域包括診療料加算の要件とすることを提案したことなどに対し、診療側委員が猛反発した。

 外来管理加算の算定にあたっては、丁寧な問診と詳細な身体診察を行い、それらの結果を踏まえて患者に対する説明などを行うことが要件となる。

 支払側委員からは、対象疾患や診療科の条件もなく、処置・リハビリ・検査・手術などを行わないことや、丁寧な問診や診察、懇切丁寧な説明という基準があいまいな条件のみで算定できることから、評価の妥当性に疑問があるとして廃止を求めた。

 これに対し、診療側から「丁寧な説明などを全否定するもの」「家庭の揉め事なども含め丁寧に話を聞かなければ血圧も下がらないし、糖尿病も改善しない」などとして反対した。また、具体的な処置がない中で全人的に診察することは内科医のテクニックの1つとする意見もあった。

 一方、地域包括診療料加算については、加算を届け出ている施設の多くがかかりつけ医機能を持っているが、サービス担当者会議に参加する割合は5割強に留まっている。

 このため、支払側委員から主治医とケアマネジャーの連携を強化するため、サービス担当者会議への参加を地域包括支援料加算の要件とすることを求める意見が出された。

 診療側委員からは、サービス担当者会議は主治医とケアマネの連携の1つにすぎないとする考えや、主治医意見書を書いていても、安定している場合はサービスの継続を電話で連絡するだけで済むという例を提示するなどして反対した。

 このほか、特定疾患療養管理料や機能強化加算などをめぐっても意見が対立して議論が長引いたため、この日のもう1つのテーマである入院医療については次回以降に議論することになった。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

2040年度に介護職員数が約57万人不足 厚労省推計

 厚生労働省の推計によると、65歳以上の高齢者数がピークを迎える2040年度に必要な職員数は約272万人で、現状のままでは約57万人不足することが分かった。26年度に必要な職員数は約240万人で同約25万人不足する。
 
22年度の介護職員数は約215万人。40年度に必要な職員数を確保するには…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

訪問看護ステーション数が過去最多に 全訪看

 全国訪問看護事業協会がまとめた4月1日現在の全国の訪問看護ステーションの稼働数は1万7329カ所で、前年に比べ1632カ所(12.3%)増加して過去最高となった。
 
 2023年度中に新規に開設された事業所数は2437カ所で、同469カ所(23.8%)増えた。訪問看護ステーション数は10年度以降、右肩上がりで増加しており…

新たな介護予防サービスを3区で開始 横浜市

 横浜市はフレイルを予防・改善し、多くの高齢者が自立した生活を続けられることを目的に6月から新たな介護予防サービスを南・栄・泉の3区で開始した。
 
 健診データ・診療データ・要介護認定情報またはフレイルチェックシートを活用し、フレイルなどの高齢者を把握する。身体機能や栄養状態、口腔機能の低下が懸念される人に介護予防サービス利用の案内を送付。個人の状態に合わせて…

子どものいる世帯2割弱 1人暮らしが過去最多に

 厚生労働省の「2023(令和5)年国民生活基礎調査」によると、昨年6月1日時点の全国の世帯総数は5445万 2000世帯で、このうち1人暮らしの世帯が1849万5000世帯で全世帯の34.0%を占め、調査を開始した1986年以来、過去最多となったことが分かった。  18歳未満の子どもがいる世帯は983万5千世帯で、全世帯の 18.1%。世帯数・割合とも過去最少だった。  高齢者世帯は 1656 万世帯(全世帯の...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(7月15-21日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS