生産性向上の取り組み効果を検証 給付費分科会

2023年 4月 28日

 第216回社会保障審議会介護給付費分科会は4月27日、①テクノロジー活用等による生産性向上の取組に係る効果検証について、②今後の新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて、議論した。

 2022(令和4)年度、「介護ロボット等による生産性向上の取組に関する効果測定事業」が実施され、分科会の冒頭、事務局からその結果が報告された。

 同事業での実証テーマは、①見守り機器等を活用した夜間見守り、②介護ロボットの活用、③介護助手の活用、④介護事業者等からの提案手法、の4つ。それぞれについて、介護職員の業務内容の変化、働き方や職場環境がどう改善したか、ケアの質は確保されているか、を調査した。

 実証テーマ①については、「見守り機器導入率が増加すると、直接介護と巡回・移動時間の合計が減少」(2020~22年度の実証結果を合算した結果)し、「見守り機器導入により、利用者の状況が可視化できる・より適切なタイミングでケアが提供できる」との回答の割合が高かった。

 実証テーマ②は移乗支援ロボットについて、装着型・非装着型に分けて実証。装着型では、移動・移乗・体位変換にかかる業務時間は介護ロボットの着脱・装着時間を含めると、やや増加した。

 腰痛が「かなり痛い」職員の割合はやや減少、「ひどく痛い」はやや増加、「中程度痛い」は変化はなかった。

 非装着型では、移動・移乗・体位変換にかかる夜間の業務時間が微増、昼間は大きな変化はなかった。

 腰痛が「ひどく痛い」「かなり痛い」職員の割合はやや減少、「中程度痛い」は変化はなかった。装着型・非装着型とも、利用者の意欲(Vitality index)の傾向に大きな変化はなかった。

 実証テーマ②は排泄支援機器についても調査を実施。機器を導入後、トイレ誘導時に排泄がなかった回数が減少した。利用者の状況が可視化され、適切な排泄支援につながり、職員の心理的負担は軽減した。

 実証テーマ③では、介護助手は食事やおやつの準備・片付け、リネン交換・ベッドメイク、居室清掃・片付けなどを担った。その結果、介護職員は間接業務の時間が減り、利用者のケアに注力できるようになった。利用者の発語や笑顔が増加する傾向がみられた。

 実証テーマ④は選定された3法人の実証結果が報告された。

 この「効果検証」について、分科会委員からは、「事業の対象となった施設数が少なく、アウトカム(効果)の設定が腰痛というのは疑問」など厳しい意見も出された。

 人手不足を機器で補おうとするあまり、過去の集団ケアに逆戻りすることを危惧する意見や、排泄支援機器を認知症高齢者に適用することへの懸念も聞かれた。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

24年度診療報酬改定案を了承し答申 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は2月14日、2024年度診療報酬改定案を了承し、武見敬三厚労相に答申した。  今回の改定では、医療従事者の賃上げに向け、初診料や再診料、入院基本料などを引き上げた。  初診料については、現行の288点から291点へ3点、再診料は現行の73点から75点へ2点引き上げる。  また、看護師や薬剤師など医師以外の医療従事者の賃金の改善を行う場合は初診料で6点、再診料では2点を評価する「外来・在宅ベースアップ評価料」が新設された。...

急性期入院料見直しで公益委員が裁定 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は1月31日、来年度の診療報酬改定に向けた個別項目の議論を行い、急性期一般入院料1における平均在院日数の基準と重症度、医療・看護必要度の評価項目の見直しに関して、支払側委員と診療側委員の間で意見が真っ向から対立したため、公益委員が仲裁案を示し了承された。...

基本報酬、訪問介護は引き下げ 給付費分科会

 1月22日、第239回社会保障審議会介護給付費分科会が開催され、令和6年度介護報酬改定に向けて(介護報酬改定案について)議論し、改定案を了承した。  全体の改定率は+1.59%で、うち0.98%は介護職員の処遇改善に充てられる。施行時期は訪問介護・訪問リハビリテーション・居宅療養管理指導・通所リハビリテーションの4項目は診療報酬改定に合わせて6月1日。これら以外は4月1日となる。...

薬価算定基準の見直し案を承認 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は1月17日、「迅速導入加算」の新設や新薬創出加算の見直しなどを盛り込んだ薬価算定基準の見直し案を承認した。  迅速導入加算は欧米に遅れることなく、あるいは欧米より早く革新的な新薬を国内に導入することを評価するもので、国際共同試験により開発されるか、日本で海外と同時あるいは海外より先に臨床試験を行って開発された品目、承認申請が欧米より早いか、欧米で最も早い承認申請から6カ月以内の品目などが対象となる。...

診療報酬改定に関するパブコメを募集 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は1月12日、2024年度の診療報酬改定に向けて取りまとめた「議論の整理」に関するパブリックコメントの募集を開始した。  期間は19日まで。2024kaitei@mhlw.go.jpのアドレス宛に電子メールで意見を提出する。メールの題名は「令和6年度診療報酬改定に関する意見」とし、ファイルを電子メールに添付して送る。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(2月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS