マイナ保険証使用の新加算創設を承認 中医協

2022年 8月 10日

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は8月10日、後藤茂之厚労相からのオンライン資格確認に関する加算と看護職員の処遇改善についての諮問に対する答申書を了承した。

 支払側委員はオンライン資格確認に関する新たな加算の創設について反対の意見を述べたが、答申書付帯意見に課題が把握された場合に速やかに対応を検討するなどの文言が盛り込まれたことから承認した。

 オンライン資格確認に関する加算については、今年4月に導入された「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、新たに「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」を設けた。10月から適用される。

 現行の加算では、マイナンバーカードを健康保険証として使った場合、通常の保険証を使う場合より患者負担が増える仕組みとなっていることから、見直しが求められていた。

 新たな加算では、オンライン資格確認システムを導入した医療機関で、健康保険証により初診を行った場合は月1回4点、マイナンバーカードを使った場合は2点となり、マイナンバーカードを使う方が患者の費用負担が軽くなる仕組みとした。

 調剤では6カ月に1回、通常の保険証の場合は3点、マイナンバーカードでは1点の加算を取得できる。

 一方、看護職員の処遇改善については、10月から収入を月1万2000円引き上げる。2月に介護職員などともに収入が引き上げられたものの、10月以降の財源確保の仕組みが決まっていなかったが、入院費に上乗せすることで決着した。

 なおこの日の会合では、新型コロナの経口薬であるラゲブリオを、8月18日から薬価収載することも承認された。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

トリプル改定に向け進め方を確認 給付費分科会

 第217回社会保障審議会介護給付費分科会は5月24日、令和6年度介護報酬改定に向けた今後の検討の進め方や、検討すべき問題を議論した。  令和6年度(2024年度)は介護報酬・診療報酬・障害福祉サービス等報酬が改定されるトリプル改定年だ。事務局からは、医療・介護・福祉の分野横断的なテーマを念頭に議論してはどうか、と案が示され、了承された。以下はそのテーマ。  ・地域包括ケアシステムの深化・推進 ・自立支援・重度化防止を重視した質の高い介護サービスの推進 ・介護人材の確保と介護現場の生産性の向上 ・制度の安定性・持続可能性の確保...

第8次医療計画の5事業を議論 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は5月17日、策定が進められている第8次医療計画の5疾病6事業のうち、別途議論する新興感染症発生・まん延時における医療を覗く、5事業に関して議論を開始した。  最初に厚労省から①増加する高齢者の救急搬送などを踏まえた救急医療に関する評価、②災害時の地域の医療提供についての評価、③へき地における遠隔医療とオンライン診療の推進、④周産期医療や精神科を含めた総合的な診療体制に関する評価、⑤救急やレスパイトも含めた小児医療-の5つの論点が示された。...

20年4月以来3年ぶりに対面で開催 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は5月10日に総会を開催し、2023年度の入院・外来医療調査とDPC/PDPSの特別調査に関する今後の検討事項とスケジュール案を了承した。  新型コロナウイルス感染症が2類相当から5類相当に変更されたのに伴い、2020年4月8日以来、約3年ぶりに対面での開催となった。  委員はマスクを外していたものの、厚労省の職員の多くがマスクをしており、正常な状態に戻るにはまだ時間を要することをうかがわせた。...

生産性向上の取り組み効果を検証 給付費分科会

 第216回社会保障審議会介護給付費分科会は4月27日、①テクノロジー活用等による生産性向上の取組に係る効果検証について、②今後の新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて、議論した。  2022(令和4)年度、「介護ロボット等による生産性向上の取組に関する効果測定事業」が実施され、分科会の冒頭、事務局からその結果が報告された。...

医療DX推進に関する議論を開始 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は4月16日、医療DX推進に関する議論を開始し、厚労省から5項目の論点が示された。  1点目は全国医療情報プラットフォームの構築や電子カルテ情報の標準化にあたり、標準規格化された3文書6情報の普及促進について。  2点目は診療報酬改定DXにおいて、医療機関やベンダーの負担軽減のため、共通算定モジュール導入と診療報酬改定の施行時期後ろ倒しが検討されていることについて。  3点目は電子処方箋に関して、医療機関や薬局・患者間での処方・調剤の情報共有、マイナポータルからの情報連携にについて。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(5月29日-6月4日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS