継続診療加算など在宅医療めぐり議論 中医協🆕

2021年 10月 13日

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は10月13日、在宅医療について議論を行い、継続診療加算や在宅療養支援病院(在支病)の救急往診件数、外来を担当する医師と在宅医との連携、ターミナルケア加算などをめぐり委員が意見を述べた。

 継続診療加算は在宅療養支援診療所以外の診療所がかかりつけの患者に対し、他の医療機関との連携により、24時間の往診体制と連絡体制を構築した場合に取得できるが、ほとんど算定されていないのが現状だ。

 その理由として最も多いのが、24時間の連絡・往診体制構築に向けた協力医療機関が確保できないこと。

 これについて委員からは、要件の緩和を含め、算定しやすくすることを求める意見がある一方、緩和することで質の低下を懸念する声もあった。

 また、先進的な事例として示された東京都板橋区と千葉県柏市では、自治体・医師会が連携して取り組んでいることから、そうした連携を進めることを求める意見が出たほか、その前提として自治体の人材育成の重要性が指摘された。

 在支病の救急往診件数に関しては、2017年度のアンケート調査で年間の救急往診が31件以上と回答した病院が34あったものの、0件の病院が47あった。ただ、0件の病院でも在宅患者の年間総入院数が31件以上だったところが33あった。

 この数字の解釈について、診療側委員から、在宅の患者から連絡があった場合、訪問看護ステーションの看護師に訪問してもらい、それを受けて入院してもらうケースが多いことが挙げられた。

 外来を担当する医師と在宅医の連携については、ICTの活用が重要だとして、利用を評価すべきとの意見があった。

 ターミナルケア加算の算定回数は増加傾向にあるものの、訪問診療の予定日前に状態が急変し、往診を行ったがそのまま看取りになると、「死亡日前の14日間に2回以上の往診または訪問診療」という要件が満たせなくて算定できないことが課題とされた。

 委員からはターミナル加算のあり方を整理しなおすことや、ACPを要件に加える意見が出された。ただ、ACPについては、まだ普及していないため、時期尚早との見方もあった。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

第1回在宅医療及び医介連携に関するWGを開催🆕

 10月13日、第1回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(WG)が都内で開催された(オンラインを併用し、一部の構成員はリモートで参加)。座長に田中滋・埼玉県立大学理事長を選出し、議論の進め方を確認した。
 このWGは「第8次医療計画等に関する検討会」の下に設置された…

関係団体からヒアリング 障害者雇用分科会🆕

 労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者雇用分科会は10月12日、雇用率制度や納付金制度のあり方などについて関係団体からヒアリングを行った。  各団体からは、特例調整金・特例報奨金の増額、雇用率制度の見直し、障害者雇用ビジネス(代行サービス)の問題、法定雇用率の算定式から就労継続支援A型事業所利用者の除外することなどに関して意見が述べられた。  特例調整金・特例報奨金に関しては、法定雇用率を満たさない場合に課される納付金額に比べ低く、企業が障害者を雇用するインセンティブとしては不十分であるとして、増額が求められた。...

入院医療に関する調査結果の速報を公表 厚労省

 厚生労働省が10月1日に公表した入院医療に関する2021年度の調査結果(速報)によると、急性期一般入院料1を算定している医療機関のうち、3割が「重症度、医療・看護必要度Ⅰ」の届け出を行っていることが分かった。20年度調査に比べ…

抗原検査キットの薬局での販売が可能に 厚労省

 厚生労働省は9月27日、新型コロナ感染症の医療用抗原検査キットを、特例措置として薬局で販売できるようにした。  PCR検査に比べ簡単で、短時間で結果が出ることから、体調が気になる場合、家庭などで自ら検査を実施できるようする。これにより、医療機関の受診につなげ、感染拡大防止を図る。  この検査では、綿棒を使って自分の鼻の穴の中をぬぐいキットの液に浸す。その液を数滴検体にたらすことで、15~30分程度で結果が出る。PCR検査に比べ容易に判定できるが、正確性の面で劣ることから、無症状者に対する確定診断には推奨しないとしている。...

軽・中等症用のコロナ治療薬を特例承認 厚労省

 厚生労働省は9月27日、新型コロナウイルスの治療薬として、英製薬大手グラクソ・スミスクラインの「ソトロビマブ(製品名:ゼビュディ点滴静注液500mg)」を特例承認した。  重症化のリスクが高い軽・中等症の入院患者が対象で、軽症者にも使える薬は抗体カクテル療法の「ロナプリーブ」に続き2つ目となる。  ロナプリーブ同様、中和抗体を使うが、ロナプリーブが2種類の抗体を使うのに対し、ソトロビマブは1種類のみ使用する。...

創刊1周年を記念し、全コンテンツを2週間無料で読めるキャンペーンを実施中!  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(10月4-10日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS