自然な動きを妨げない作業支援用パワードウエア 歩行支援用も開発〔ATOUN〕

2021年 10月 5日

 ATOUN(奈良市)はセンサーとモーターで作業を支援するパワードウエア「MODEL Y」と「MODEL Y + kote」を販売しているほか、現在、事業化をにらんだ歩行支援用のプロトタイプ「HIMICO」の実証試験を行っている。
 作業支援用は製造や物流などを中心に展開しており、介護の現場でも…
この記事は有料会員のみ閲覧できます。

このカテゴリーの最新の記事

大量生産でマッスルスーツ購入しやすく 特養など介護の現場で活躍〔イノフィス〕🆕

 東京理科大学発のベンチャー企業であるイノフィスは、世界で唯一、人工筋肉を使った外骨格型のアシストスーツの開発・製造・販売を行っている。2019年に量産型の「マッスルスーツ Every(エブリィ)」を発売したことで販売が拡大。海外展開やTVCMの放映など、さらなる…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

在宅患者や高齢者を遠隔で見守り インターフォン応用したモニター発売〔DOORCOM〕

 IPインターフォンを手掛けるDOORCOM(ドアコム)は、ほぼどの家庭にもあるインターフォンを活用して社会をスマート化することを目指している。10月にはその一環として、ホテル・在宅のコロナ患者や高齢者の健康状態を遠隔地から確認できる…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

人手不足とHACCPに対応 スチコン式再加熱器を提案〔ニチワ電機〕

 人手不足と今年6月のHACCP(危害分析重要管理点)の完全義務化により、介護施設や病院などの食事提供のスタイルが大きく変わる可能性がある。ニチワ電機では熱風と蒸気で調理済み食品を加熱するスチコン式リヒートウォーマーキャビネット、スチコン式再加熱カートにより…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

介護現場の本質的な生産性向上へ デジタル技術でデータを利活用〔パナソニック〕

 パナソニックは昨年発売した見守りシステム「LIFELENS(ライフレンズ)」を活用する「介護業務支援プラットフォーム」に取り組んでいる。同プラットフォームで介護データを効率的に利活用することにより、テクノロジー単体では実現できない介護業務全体としての生産性向上を目指す。
■スマート家電から見守りシステム
 パナソニックがLIFELENSを開発した背景には、スマート家電への…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

自動ラップ式トイレ「ラップポン」 災害避難所・コロナ病棟でも不可欠に〔日本セイフティー〕

 仮設資材レンタル大手の日本セイフティーが手掛けるポータブルトイレ「ラップポン」は、水を使わず、臭わず、ウイルスを封じ込めることもできる。介護用途だけでなく、災害時の避難所になくてはならないものとなっており、感染防止の観点から…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(1月17-23日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS