東大とフレイル予防で共同研究 ウェルモ

2021年 2月 24日

 ウェルモは2月24日、東京大学高齢社会総合研究機構と、フレイルの重度化対応のための地域特性指標の策定・定量化に関する共同研究を昨年10月に開始したと発表した。

 フレイルや介護には地域特性が大きく影響するが、フレイルで何が地域特性なのかは明確になっていないという。

 この地域特性の指標を明らかにし、定量化することで、高齢者本人の心身機能だけでなく、地域特性にも応じた施策を策定できるようになり、地域ごとにより効果的なフレイル予防政策が実現できる可能性があると考え、共同研究を行うことにした。

 研究では、フレイル予防における地域差や地域特性を示す指標、例えば食性や気候、住民意識、地域活動などを明らかにし、それらの指標がどのように影響するのかを定量的に把握することを目指す。

 ウェルモは研究成果に基づき、効果的なフレイル対象の選定や政策の策定を可能とする、AIプロトタイプの設計も視野に入れている。

 同社は今年度発売開始予定のケアプラン作成支援AI「ミルモぷらん」に加え、昨年から宮崎市と介護予防ケアプランケアプラン作成支援AIの研究開発を行っている。

 今回の研究の成果は、地域特性が大きく影響すると予測されるケアプラン・介護予防ケアプラン作成にも極めて有効であると見ており、地域特性にも応じたケアプランを提供することになると期待している。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

Iot・AIで施設のトイレ利用通知と排便管理🆕

 LIXILは、愛知県大府市と介護付有料老人ホーム・フラワーサーチ大府の協力により、IoTやAIのテクノロジーを実装したコンセプト「トイレからのお便り」を高齢者施設のトイレに設置し、今後の事業化へ発展させるトイレ実証実験を…

カイポケモバイルで「感謝還元キャンペーン」🆕

 介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」を展開するエス・エム・エスは6月28日、スマートフォンレンタルサービス「カイポケモバイル」の利用台数が、提供を開始して以来、2万5000台を突破したと発表した。 これを記念して…

車いす洗浄装置などの見学会開催 東海機器🆕

 マットレスや車いすなどを丸ごと洗浄・消毒・乾燥する装置を展開する東海機器工業(愛知県小牧市)は7月14、15日の2日間、本社工場で機械見学会「第3回GO TO TOKAI」を開催する。
展示するのは…

紙パンツが薄いほど歩行が安定 花王など

 花王・佐賀大学・筑波大学の研究グループは、高齢女性にとって尿ケア用紙パンツの吸収体が薄いほど歩行安定性が向上し、歩行時の身体のふらつきが軽減することを明らかにした。  研究は66~75歳(平均70歳)の健常高齢女性15人を対象に、吸収体の厚さが異なる3種類の紙パンツ(7mm、12mm、16mm)を使用してもらい、歩行動作を解析した。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月27日-7月3日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS