空港で自動運転車両の階層移動実験 WHILL

2022年 7月 22日

 近距離モビリティ「WHILL」を展開する WHILL(東京都品川区)は、成田空港第2旅客ターミナルで、エレベーターと連携した実証実験を7月28日から開始する。

 空港で人を乗せた自動運転パーソナルモビリティとエレベーターが連携し、出発地点から目的の搭乗ゲートまで、すべて自動運転で階をまたいで移動する実験は世界初となる。

 出国審査後の旅行者を対象に実施する。利用者は手元のタッチパネルで目的の搭乗ゲートを選択するだけで、安全・快適に移動できる。

 空港内にあるエレベーターとWHILLがシステム連携することにより、WHILLが近づくだけでエレベーターがWHILLのいる階に停止して扉の開閉を行い、目的の階までWHILLと利用者を送り届ける。

 これまでは同一の階で運用されていた自動走行が、異なる階をまたげることで目的地の幅が広がり、高齢者や長距離の歩行に不安を感じる人など、すべての旅行者に、より快適で便利な移動手段を提供するようになる。

 同社はこのサービスを行うにあたり、タッチパネルで複数の選択肢から言語を設定できる機能を搭載した。

 英語と日本語に加え、特にニーズの高い中国語(簡体字と繁体字)とベトナム語を選べるようにする。選べる言語は、今後のニーズに応じて随時増やしていく予定だ。

 実証実験は土日を除き、8月10日まで実施する。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

AIケアプランに支援内容提案を追加 CDI🆕

 シーディーアイ(CDI)はAI(人工知能)ケアマネジメント支援ツール SOIN(そわん)に新機能として「支援内容提案AI」を追加した。ユーザーは新機能を追加料金なしで利用できる。  従来のSOINは状態改善に効果的なサービスプランと将来の状態予測を提案することで、「どのようなサービスがよいか」を知らせた。新機能は個別事例に応じた支援の内容を提案するもので、自立支援で重要な「どのような支援がよいか」を提案する。...

姿勢を検知するセンサーが好調 トーヨーケム🆕

 トーヨーケムの自動で姿勢を検知するセンシングシステム「Fichvita(フィッチヴィータ)」を採用した、パラマウントベッドの床ずれ防止エアマットレス「ここちあ利楽(りらく)flow」の販売が好調だ。  Fichvitaはシート状のユニットを組み合わせて使用する非光学式行動検知システム。個人情報を収集せず、生活に溶け込んだセンシングが可能である。  ここちあ利楽flowのマットレスの内部には、上下から挟み込むようにFichvitaが設置されている。...

WHILLとPORTERのコラボバッグ発売

 近距離モビリティ「WHILL」を展開する WHILL(東京都品川区)は、𠮷田カバンのメインブランド「PORTER(ポーター)」とコラボレーションしたブリーフケースとショルダーバッグを…

「まもる~の」の新製品を発売 ZIPCARE

 ZIPCARE(東京都千代田区)は9月19日、次世代型見守り機器「まもる~のSHIP」(施設向け)と「まもる~のONE」(在宅向け)を発売した。  新製品はアプリ経由で通信を行うため、どこにいてもスマートフォンで通知ができるようになった。  まもる~のSHIPは、利用者のベッドに設置することで、睡眠やバイタル(脈拍・呼吸)、離床、居室内環境(温度・湿度・照度・気圧)を的確にとらえて通知する。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(9月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS