「CareViewer」を他社製品と連携 さくらCS

2022年 5月 9日

 さくらコミュニティサービス(札幌市)は、自社のAIケアプラン・介護記録ソフト「CareViewer」を、他社のウェラブル端末などのIoT機器や他社の介護系ソフトウェアとデータ連携するAPIを開発し実装した。

 これにより、介護事業所の入居者記録を自動的に取り込んで一括してデータ化することや、他社の労務計算ソフト・介護報酬計算ソフトとの連携、他社のリハビリ訓練用・ケアプラン専用の管理アプリとの連携が可能になった。

 介護系の業務効率化ソフトウェアが数多くリリースされているが、他社製品との連携を前提としていないケースが多く、データを入力する際は業務効率化ソフトウェアと他社製品のそれぞれに入力する必要があり、二度手間になるとの声が多くの介護現場から寄せられていた。

 CareViewerのAPIにより、さまざまなIoT機器やソフトウェアとの連携が実現したことで、これまで介護現場職員の大きな負担であった介護記録作業とそれに付随する事務的作業のゼロ化に向けた取り組みが加速することになる。

 今後はIoT機器で収集したデータをAIが分析し、データに基づいたAIケアプランの高度化・健康予測AIの実用化につなげ、今回取り組んだAPIを活用し、データの収集や健康延伸の取り組みに向けて改善していく。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

在宅医療の安全確保に関する調査結果を公表 在支協🆕

 一般社団法人全国在宅療養支援医協会(在支協)は4月、「在宅医療の安全確保に関する調査報告書」を公表した。この調査は1月に埼玉県ふじみ野市で訪問診療医殺害事件が起こったことを契機に、2月に実施された。  在支協の会員と在宅医療政治連盟の会員のうちメール連絡を許諾している会員を対象に、Webサイトのアンケートフォームに入力する方法で調査した。対象となる会員は在支協775人、政治連盟195人、計970人。回収数は在支協80件、政治連盟70件で計150件、回収率は15.4%であった。...

高齢者向けモビリティにスクーター型 WHILL

 WHILLは近距離モビリティ「WHILL」の製品ラインアップに、時速6km以下で走行するスクーター型の新モデル「WHILL Model S」を加え、今秋発売する。
 免許不要で歩道を安定して走行できるため、免許を返納した後や…

ケアカルテと積水化学の見守りセンサーが連携

 ケアコネクトジャパン(静岡市)の介護・福祉業務支援ソフトウェア「CARE KARTE(ケアカルテ)」と、積水化学工業の介護施設・病院向け見守りセンサー「ANSIEL」のシステム連携が可能になった。  ケアカルテは利用者の基本情報から利用予定、プラン作成だけでなく日々の記録まで一元管理し、温度板やチェックシート、連絡ノートを自動で作成する。  現場での記録入力に特化した画面設計なので、誰でも簡単に記録入力でき、送信した記録はすぐに一元管理されるので、職員同士の情報共有もスムーズに行える。...

ショート向け予約管理「ペースノート」を更新

 ペースノート(大阪市中央区)は、3月にリリースした業界初のショートステイに特化したクラウド型予約管理システム「ペースノート」 について、4月30日付で予約管理機能を中心に2点の…

公式アプリをリニューアル ファストドクター

 ファストドクターは公式スマートフォンアプリの画面デザイン改善と操作性向上を目的としたリニューアルを実施した。主なリニューアル点は、同居家族の登録機能の操作性向上や使い方動画の掲載…

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(5月9-15日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS