褥瘡予防ロボットベッドを開発 Ax Robotix

2022年 4月 22日

介護ベッド

褥瘡予防ロボットベッド「Haxx」

 Ax Robotix(アックスロボティクス、東京都足立区)は、要介護者の体を自動的に動かすことで褥瘡を予防するロボットベッド「Haxx(ハックス)」を開発した。今月から介護療養施設を運営する一燈会と実証実験を開始する。

 マットレスの上に張られたハンモック状のネットが動くことにより、自動で要介護者を揺り動かし、体位交換(体交)ができる。

 体圧を分散させることで、人を介さずに褥瘡を防ぐ。また、ネットを支える7つのシリンダーを自由に動かし、個々に合わせて寝姿勢の調整ができることも特徴だ。

 ロボットベッドが体交を代行することで職員の業務負担を減らし、要介護者にも人が介在しない体交により快適な睡眠を提供する。将来的には寝姿勢の自動判定や排泄の感知、バイタル機能などの実装を目指す。

 褥瘡を防ぐには少なくとも2時間ごとの体交が必要と言われ、介護職員の労働時間・業務量の増加に加え、身体的にも負担となっている。

 一方、要介護者からも、寝ている時にスタッフによる体交で目が覚めてしまうという声があり、介護職員と要介護者の双方にとって体交は課題となっている。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

訪看STに排泄に関する小型診断装置を導入🆕

 ツクイは訪問看護ステーション44事業所すべてに、富士フイルム製のAI診断支援ソフト搭載のワイヤレス超音波画像診断装置を導入した。  利用者の健康状態を「可視化」し、利用者1人ひとりにエビデンスに基づいた最適な看護ケアを実施することで、自立支援・重度化防止など地域医療・介護の質の向上を図る。...

医師の監修で制作した高機能の医療用ウエア発売

 作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS」を企画・販売するオアシスライフスタイルグループは、現役医師の監修により制作した新商品「スクラブシャツ」と「スクラブパンツ」を発売した。すでに一部の病院でユニフォームとして採用されている。
 
 医療現場では、血液や体液が衣類に付着した際にケアがしやすく撥水性がある点や、機能性を重視するとごわつきのある素材になることが多いため、

医療DXテーマのフォーラムを7月に開催 ユカリア

 ユカリアは医療DXをテーマとしたフォーラム「第15回ユカリア フレンドシップミーティング」を7月に開催する。  基調講演では、日本のAI研究の第一人者で内閣府「AI戦略会議」の座長も務める東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授が、医療分野におけるAIの最新動向と可能性について講演する予定。  医療ビッグデータの活用や未病・予防医療の最新動向について、有識者によるパネルディスカッションも予定している。病院の経営・運営に携わっている人や製薬企業などヘルスケア関連企業、アカデミア、金融機関に勤務している人たちを対象としている。...

善光総研と韓国の生保が介護サービス事業で提携

 善光総合研究所は韓国のNH農協生命保険と介護サービス事業の業務協力に関する協約書を締結した。  協力分野は療養・介護施設の運営、デジタルを活用した療養・介護のための機器の開発・普及・販売や人材の育成、療養・介護関連データ活用事業や共同研究などとなっており、善光総研とNH農協生命両社のノウハウを活かし、介護領域の新たなビジネス開発に共同で取り組んでいくことを検討している。  NH 農協生命は1965...

訪問スケジュール自動作成「ZEST」をアップデート

 在宅医療・介護の訪問スケジュールを自動作成するクラウドサービス「ZEST」を展開するゼストは、3月のフルリニューアルに続き、全4つの機能をアップデートした。  1点目は最短10秒でのスマートシフト作成を可能にした。基本となる週単位の勤務シフトについて、月の始まりの曜日や日数のバラつきを自動補正し、翌月に簡単にコピーすることができるようにした。  最短10秒ほどで1カ月の勤務シフトの作成できるため、勤務シフトの作成時間を大幅に短縮することができる。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月10-16日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS