開業医向け装置で提携 GEヘルス・フクダ電子

2021年 4月 8日

GEフクダ

白井大治郎フクダ電子社長(左)多田 荘一郎GEヘルスケア社長兼CEO 

 GEヘルスケア・ジャパンとフクダ電子は、開業医向け超音波診断装置の分野での事業提携に合意した。

 事業提携の対象となるのは、GEヘルスケアが提供するVersanaシリーズ3製品「Versana Premier」「Versana Balance」「Versana Active」。開業医のニーズに対応することを目的に開発された。

 全領域対応の高画質・高機能と同時に優れた経済性を兼ね備えている。フクダ電子は全国220カ所以上の販売ネットワークを通じて、同製品を提供する。

 地域包括ケアシステムの構築と、それに伴う病院機能の分化・強化、連携の推進が進められる中で、地域医療で開業医が果たす役割がこれまで以上に重要になりつつある。

 高齢化で複数の疾患を同時に抱える併存症の患者が増え、総合的な診療や認知症対策、予防医療、地域連携、地域活動など、さまざまな場面で開業医はかかりつけ医として、より深い関わりが求められるようになっている

 同時に、検査ではより良い診断とフォローアップを目的として、高画質・高機能・効率的なワークフローを実現する超音波診断装置のニーズが高まりを見せていることから、両社は事業を提携することになった。

 事業提携の開始日を2021年4月1日と定め、両社の共創を通じて、技術やサービスがもたらす地域医療への貢献を推進していく。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

骨折の可能性がある患者を判別 AI機器開発へ🆕

 データ解析企業のFRONTEOは、同社にとって2つ目のAI医療機器となる「骨折スクリーニングAIプログラム」の開発を始めた。  独自開発の自然言語処理AIエンジン「Concept Encoder(商標:conceptencoder=コンセプトエンコーダー)」の技術を活用し、入院患者の電子カルテに記載された医療情報から、院内で骨折する可能性のある患者をスクリーニングする。  特に、高齢者にとって骨折は寝たきり状態や認知症の進行だけでなく、死亡にもつながる重大なリスクであることから、開発することにした。...

クラウド処⽅箋読み取りサービスで業務提携🆕

 mediLab と三菱電機ITソリューションズ(MDSOL)は、調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」販売で業務提携した。  mediLab AIは東京大学発のAIを活⽤した処⽅箋⼊⼒⽀援システムで、薬局での処⽅箋⼊⼒業務負荷を軽減する。⾼精度な処⽅箋読み取りに加え、セキュアなクラウドサービスの構造とすることで、省コスト・省スペースな導⼊を実現した。...

クラスター発生の兵庫・愛媛へ医療チームを派遣

 認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(広島県神石高原町)など3団体が運営する空飛ぶ捜索医療団「ARROWS」は5月4日、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した兵庫県・愛媛県へ医療チームを派遣したと発表した……

横浜・郡山に保育所併設の児童発達支援事業所

 社会福祉法人どろんこ会(東京都渋谷区)は5月1日、福島県郡山市に保育所併設の児童発達支援事業所「発達支援つむぎ八山田ルーム」、横浜市に同「発達支援つむぎ新羽ルーム」をオープンした。
 どろんこ会グループは、インクルーシブ保育実現のため……

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1万1000円(同)で1年間読み放題

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(5月17日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS