薬局向けサービスで業務提携 ソラミチ・MDSOL

2021年 4月 5日

 ソラミチシステムと三菱電機ITソリューションズ(MDSOL)は業務提携により、クラウド電子薬歴の「CARADA 電子薬歴」と保険薬局システム「調剤 Melphin/DUO(メルフィンデュオ)」の販売協力を開始する。

 今回の提携により、MDSOLは従来の薬歴管理システム「Melhis」(メルヒス)に、ソラミチの「CARADA 電子薬歴」(旧サービス名「Solamichi」)を選択肢に加えることで、これまで以上に顧客ニーズに応える保険薬局システムを提供することになる。

 一方、ソラミチは自社の電子薬歴とともに、MDSOLの「調剤 Melphin/DUO」を紹介することで、幅広い提案が可能になる。

 CARADA 電子薬歴は、患者の症状や薬剤の処方内容、指導履歴などを記録できるクラウド型の電子薬歴システム。薬剤師の業務を支援するサービスとして、処方に際して飲み合わせの危険性が高い薬剤のチェック機能や、患者への服薬指導内容のナビゲーション機能などを搭載している。

 また、薬歴の作成状況のチェック機能や患者対応業務のto doリストを備えており、クラウド型システムにより場所や時間を選ばずに薬歴を作成することで、薬剤師の業務効率化をサポートする。

 今後は患者への服薬フォローを支援する機能の追加を予定しており、薬剤師の服薬指導をサポートするサービスとして充実を図る。

 調剤 Melphin/DUOは処方箋情報の入力から、監査チェック、ネットワーク接続までを簡単に実現できる保険薬局システム。電子薬歴システムMelhisはレセプトコンピューターとの一体型電子薬歴システムの草分けとして販売以来、多くのユーザーに利用されている。 

 在庫管理から経営支援、薬歴共有といった周辺システムもラインナップしており、薬局業務をトータルにサポートする。

 両社は業務提携の第1弾としてそれぞれの販売網を活用した販売協力をスタートする。将来的には相互のシステム連携を強化し、患者の健康維持や重症化予防などを実現できる新たな薬局サポートシステムの構築を目指す。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

骨折の可能性がある患者を判別 AI機器開発へ🆕

 データ解析企業のFRONTEOは、同社にとって2つ目のAI医療機器となる「骨折スクリーニングAIプログラム」の開発を始めた。  独自開発の自然言語処理AIエンジン「Concept Encoder(商標:conceptencoder=コンセプトエンコーダー)」の技術を活用し、入院患者の電子カルテに記載された医療情報から、院内で骨折する可能性のある患者をスクリーニングする。  特に、高齢者にとって骨折は寝たきり状態や認知症の進行だけでなく、死亡にもつながる重大なリスクであることから、開発することにした。...

クラウド処⽅箋読み取りサービスで業務提携🆕

 mediLab と三菱電機ITソリューションズ(MDSOL)は、調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」販売で業務提携した。  mediLab AIは東京大学発のAIを活⽤した処⽅箋⼊⼒⽀援システムで、薬局での処⽅箋⼊⼒業務負荷を軽減する。⾼精度な処⽅箋読み取りに加え、セキュアなクラウドサービスの構造とすることで、省コスト・省スペースな導⼊を実現した。...

クラスター発生の兵庫・愛媛へ医療チームを派遣

 認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(広島県神石高原町)など3団体が運営する空飛ぶ捜索医療団「ARROWS」は5月4日、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した兵庫県・愛媛県へ医療チームを派遣したと発表した……

横浜・郡山に保育所併設の児童発達支援事業所

 社会福祉法人どろんこ会(東京都渋谷区)は5月1日、福島県郡山市に保育所併設の児童発達支援事業所「発達支援つむぎ八山田ルーム」、横浜市に同「発達支援つむぎ新羽ルーム」をオープンした。
 どろんこ会グループは、インクルーシブ保育実現のため……

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1万1000円(同)で1年間読み放題

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(5月17日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS