第16回在宅医療推進フォーラムを開催

2020年 11月 27日

会場風景

シンポジウムではリモートによる登壇者も交え、新型コロナが感染拡大している状況下で、何を変え、何を変えずに守っていかなければならないか、などをテーマに意見を述べ合った

 11月23日、第16回在宅医療推進フォーラムが会場(東京ビッグサイト)とYouTubeライブ配信のハイブリッド形式で開催された(主催は国立研究開発法人国立長寿医療研究センターと公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団、共催は日本在宅ケアアライアンス)。今回のテーマは「Withコロナ時代の在宅医療~暮らしと生きがいを支える~」。

 新型コロナ流行下での開催のため、会場への入場は例年の5分の1以下である150人に制限した。一方でYouTubeライブ視聴者は1500人に上り、合計で過去最多となった。プログラムも例年は朝9時から始まるが、今年は13時スタートと短縮しての開催となった。

 プログラム構成は、基調講演が4、ブロックフォーラムとシンポジウムが各1。一部の演者はリモートでの登壇となった。総合司会はつるかめ診療所の鶴岡優子所長が務めた。

 

 プログラムの最後、シンポジウムのディスカッションでは、座長の日本在宅ケアアライアンス武田俊彦副理事長がシンポジストに「これまでも在宅医療を実践してきて、コロナという大きな問題に直面している。私たちはそんな状況下で、①何を変えていかなければならないか。②逆に、何を変えずに守っていかなければならないか」を問いかけた。シンポジストと指定発言者の答えから、以下に抜粋する。

検温

フォーラムの開催に当たっては、会場に入る際に検温を行うなど、万全のコロナ感染対策を実施した

 ①過度に恐れること、余りに恐れないこと、対応を保健所など誰かに任せきりにすること。(北海道・静明館診療所の大友宣医師)

 ①コロナ前のような訪問診療での長時間の対話を見直し、短時間診療とした。ただし、効率化を求めるあまりに短すぎてもいけない。濃密に対応するところと、効率化する業務と、感染対応を並列に。(新宿ヒロクリニックの英裕雄院長)

 ①意識を変えることが重要。②基本的な感染対策を行いながら人とのつながりを保つ。基本的人権としての移動の自由が公共の利益のために制限されている。入院した場合に尊厳が守られないこともある。これを感染対策とどのように両立させるか。知恵を絞り、試行錯誤しながら積み重ねる。(山形県庄内保健所の蘆野吉和所長)

 ①市民の力を信じて患者力を上げることを働きかける。いわば双方向の医療が必要。自分の健康は自分で守ることができる人を育てていく。②在宅医療を連携してやりながら、人生の軌跡を大切に守ること。(白十字訪問看護ステーションの秋山正子統括所長)

 ②かかりつけ医をもつことがいかに重要か、実感している。日本の医療がいい方向に動くようにムーブメントが起こるといい。(厚生労働省の迫井正深医政局長)

 ①病院ではコロナ以後、入院中のカンファが開かれなくなり、その場しのぎの医療介護が活発になってきている。面会制限のためにケアマネも病院に来なくなって、円滑な退院調整の障害となっている。今、病院は患者さんの暮らしよりも、コロナかコロナでないかばかりを気にしている。地域医療全体があまりにもコロナシフトしすぎていて、それが円滑さを失わせる原因になっている。(沖縄県立中部病院の高山義浩副部長)

 ①介護の現場から感じることを。今、人は近づかないで、話さないで、離れて、となっている。それに慣れてしまうのではないかと不安。これに慣れないようにすること。(ホームホスピス宮崎の市原美穂理事長)

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

訪看STに排泄に関する小型診断装置を導入🆕

 ツクイは訪問看護ステーション44事業所すべてに、富士フイルム製のAI診断支援ソフト搭載のワイヤレス超音波画像診断装置を導入した。  利用者の健康状態を「可視化」し、利用者1人ひとりにエビデンスに基づいた最適な看護ケアを実施することで、自立支援・重度化防止など地域医療・介護の質の向上を図る。...

医師の監修で制作した高機能の医療用ウエア発売🆕

 作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS」を企画・販売するオアシスライフスタイルグループは、現役医師の監修により制作した新商品「スクラブシャツ」と「スクラブパンツ」を発売した。すでに一部の病院でユニフォームとして採用されている。
 
 医療現場では、血液や体液が衣類に付着した際にケアがしやすく撥水性がある点や、機能性を重視するとごわつきのある素材になることが多いため、

医療DXテーマのフォーラムを7月に開催 ユカリア🆕

 ユカリアは医療DXをテーマとしたフォーラム「第15回ユカリア フレンドシップミーティング」を7月に開催する。  基調講演では、日本のAI研究の第一人者で内閣府「AI戦略会議」の座長も務める東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授が、医療分野におけるAIの最新動向と可能性について講演する予定。  医療ビッグデータの活用や未病・予防医療の最新動向について、有識者によるパネルディスカッションも予定している。病院の経営・運営に携わっている人や製薬企業などヘルスケア関連企業、アカデミア、金融機関に勤務している人たちを対象としている。...

善光総研と韓国の生保が介護サービス事業で提携

 善光総合研究所は韓国のNH農協生命保険と介護サービス事業の業務協力に関する協約書を締結した。  協力分野は療養・介護施設の運営、デジタルを活用した療養・介護のための機器の開発・普及・販売や人材の育成、療養・介護関連データ活用事業や共同研究などとなっており、善光総研とNH農協生命両社のノウハウを活かし、介護領域の新たなビジネス開発に共同で取り組んでいくことを検討している。  NH 農協生命は1965...

訪問スケジュール自動作成「ZEST」をアップデート

 在宅医療・介護の訪問スケジュールを自動作成するクラウドサービス「ZEST」を展開するゼストは、3月のフルリニューアルに続き、全4つの機能をアップデートした。  1点目は最短10秒でのスマートシフト作成を可能にした。基本となる週単位の勤務シフトについて、月の始まりの曜日や日数のバラつきを自動補正し、翌月に簡単にコピーすることができるようにした。  最短10秒ほどで1カ月の勤務シフトの作成できるため、勤務シフトの作成時間を大幅に短縮することができる。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月3-9日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS