団地建替創出用地に障害者福祉施設 JKK東京

2020年 10月 29日

サポートハウスココロネ板橋

 JKK東京(東京都住宅供給公社)が旧向原住宅(板橋区)の団地建て替えで創出した用地に11月1日、障害福祉サービス事業所「サポートハウスココロネ板橋」がオープンする。

 サポートハウスココロネ板橋は日常生活介護や生産活動の場、仲間との交流機会の提供など、さまざまな支援プログラムを通して、利用者の個別支援や家族支援を行う複合障害者施設。施設内には地域住民も利用できるカフェが整備される。

 地価が高い東京都内では、施設の整備に適した土地の確保が難しいため、JKKは団地を建て替える際に創出した土地の地代を減額することにより、特別養護老人ホームや認可保育所などの福祉施設を誘致し、高齢者や子育て世帯など多様な人々が安心して暮らすことのできる街づくりを進めている。

 サポートハウスココロネ板橋は、東京メトロ有楽町線などが乗り入れる「小竹向原」駅から徒歩8分の約3000㎡の敷地に建設された。生活介護(定員50人)、 児童発達支援(定員30人)、就労継続支援B型(定員20人)、 短期入所(定員10人)の各サービスを提供し、板橋区発達障がい者支援センターも入居している。運営は社会福祉法人関西中央福祉会が行う。

 JKKでは2007年から32棟840戸の旧向原住宅の再生事業に着手し、計8棟1019戸の一般賃貸住宅「コーシャハイム向原」と「コーシャハイム向原ガーデンコート」に建て替えることで、用地を創出した。

 すでに特別養護老人ホーム、1棟50戸のサービス付き高齢者向け住宅、認可保育所を整備しており、建て替えにより創出した用地に福祉施設を整備する事業の最終フェーズとして、サポートハウスココロネ板橋を建設した。

 JKKは団地再生事業で5施設を整備した実績があり、現在は小金井本町住宅(小金井市)の建て替えで、特別養護老人ホームなどの誘致を計画している。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

第16回在宅医療推進フォーラムを開催🆕

 11月23日、第16回在宅医療推進フォーラムが会場(東京ビッグサイト)とYouTubeライブ配信のハイブリッド形式で開催された(主催は国立研究開発法人国立長寿医療研究センターと公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団、共催は日本在宅ケアアライアンス)。今回のテーマは「Withコロナ時代の在宅医療~暮らしと生きがいを支える~」。

医療介護向け商品のレンタル開始 エアウィーヴ

 エアウィーヴ(東京都中央区)は、11月20日から愛知県限定で医療介護向け商品「エアウィーヴウェルネスモデル」のレンタルサービスを開始した。マットレスM80の使用イメージ  1カ月間のレンタルから利用可能で、介護保険が適用できる。創業の地である愛知県でサービスを始め、将来は全国への展開を目指す。  エアウィーヴウェルネスモデルは、従来の商品と同じエアファイバーを使用し、カバーも中材も水洗いでき、いつでも清潔に保つことができる。また、適度な反発力があるため体を動かしやすく、介助者の負担も軽減する。...

超音波デブリードマン装置販売へ グンゼ子会社

 グンゼの連結子会社メディカルユーアンドエイ(大阪市北区)は、来年1月から超音波デブリードマン装置「ウルトラキュレット」=写真=の販売を開始する予定だ。同社は国内で初めて超音波の特性を活かしたデブリードマン装置を開発し、保険適用された。将来的には在宅治療での使用も視野に入れて普及を図る。...

内視鏡検査用防護用具を開発 オリンパス

 オリンパスは内視鏡検査・手術で、新型コロナウイルスなどの感染リスクを低減する内視鏡検査用防護用具を開発した。  今回開発したのは内視鏡挿入口付きマスク、内視鏡操作部を覆うためのカバー、 鼻・咽喉頭の内視鏡検査での使用イメージ 内視鏡挿入部や処置具を覆うためのドレープなど。内視鏡挿入口付きマスクは吸引ポートと換気ポートが備わっており、検査時に発生する飛沫やエアロゾルを吸引する。...