大賞に駒ヶ根市など アジア健康長寿イノベ賞

2020年 7月 30日

 「第1回アジア健康長寿イノベーション賞」の受賞団体が727日に発表され、大賞の自立支援部門に長野県駒ケ根市、準大賞に神奈川県藤沢市の地域密着型事業所ぐるんとびーが選ばれた。

 同賞は日本政府によるアジア健康構想の一環として、日本国際交流センター(JCIE)と東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)が創設した。健康長寿の達成と高齢者ケアの向上に資する取り組みを、アジア各国から募集し表彰する。

 テクノロジー&イノベーション、コミュニティ、自立支援の3分野で、高齢化によるさまざまな課題の解決となる革新的なプログラム、サービス、製品、政策を募集・表彰することにより、アジア地域内で優れた知見を共有。その応用を後押しし、この地域の共通課題である急速な高齢化に、共に対応していくことを目的としている。

 今回は日本を含むアジア 12カ国・地域から約130件の応募があり、国際選考委員会による厳正なる審査の結果、大賞はタイ、ベトナム、日本の3団体に、準大賞は6カ国の7団体に決定した。

 大賞の自立支援部門に選ばれた駒ケ根市は、病院と自治体の協働による脳卒中再発要望のためのセルフマネジメント支援の取り組みを行っている。入院中は専門職の支援のもと、患者本人が再発予防のための目標を設定してセルフマネジメント力を高め、退院後も専門職との定期的な面談や専用のアプリで健康状態の記録を取るなど、一連のプログラムを実施。これにより、1年以内の脳卒中再発率が低下するという実績を上げている。

 駒ケ根市以外には、タイの高齢者発展財団(FOPDEV)がテクノロジー&イノベーション部門で、ヘルプエイジ・インターナショナル・ベトナムがコミュニティ部門で大賞を受賞した。

 高齢者発展財団(FOPDEV)はモバイル・アプリを活用して、タイ・チェンマイの低所得層向けの在宅ケア事業を行っている。アプリを使い、高齢者の健康状態の確認やケアプランの共有など、健康管理とモニタリングを実施。このプラットフォーム技術は、高い品質の在宅ケアの効率的な提供のみならず、貧困層の若者に介護の職業訓練の機会を提供する上でも貴重なツールとなっている。

 ヘルプエイジ・インターナショナル・ベトナムは、パートナー団体と多世代間自助クラブを運営している。地域内でさまざまな世代間交流を行い、社会参加を促すことで、高齢者の健康を支えている。同クラブは2006年に開始され、ベトナム全域に普及し、現在3000団体を数え、ベトナム最大の高齢者ケアの担い手となっている。

 準大賞はぐるんとぴーのほか、タイのパトゥムタニ県ブンイトー市と国境なきヘルプ財団 forOldy Project、インドネシア・ラマ・ランシア財団、韓国高齢者福祉センター協会 (KASWC)、マレーシアのスマート・ピープ社、ベトナム高齢者協会が選ばれている。

 受賞発表式は、31日午後1時からオンラインでライブ配信する。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

訪看STに排泄に関する小型診断装置を導入🆕

 ツクイは訪問看護ステーション44事業所すべてに、富士フイルム製のAI診断支援ソフト搭載のワイヤレス超音波画像診断装置を導入した。  利用者の健康状態を「可視化」し、利用者1人ひとりにエビデンスに基づいた最適な看護ケアを実施することで、自立支援・重度化防止など地域医療・介護の質の向上を図る。...

医師の監修で制作した高機能の医療用ウエア発売

 作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS」を企画・販売するオアシスライフスタイルグループは、現役医師の監修により制作した新商品「スクラブシャツ」と「スクラブパンツ」を発売した。すでに一部の病院でユニフォームとして採用されている。
 
 医療現場では、血液や体液が衣類に付着した際にケアがしやすく撥水性がある点や、機能性を重視するとごわつきのある素材になることが多いため、

医療DXテーマのフォーラムを7月に開催 ユカリア

 ユカリアは医療DXをテーマとしたフォーラム「第15回ユカリア フレンドシップミーティング」を7月に開催する。  基調講演では、日本のAI研究の第一人者で内閣府「AI戦略会議」の座長も務める東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授が、医療分野におけるAIの最新動向と可能性について講演する予定。  医療ビッグデータの活用や未病・予防医療の最新動向について、有識者によるパネルディスカッションも予定している。病院の経営・運営に携わっている人や製薬企業などヘルスケア関連企業、アカデミア、金融機関に勤務している人たちを対象としている。...

善光総研と韓国の生保が介護サービス事業で提携

 善光総合研究所は韓国のNH農協生命保険と介護サービス事業の業務協力に関する協約書を締結した。  協力分野は療養・介護施設の運営、デジタルを活用した療養・介護のための機器の開発・普及・販売や人材の育成、療養・介護関連データ活用事業や共同研究などとなっており、善光総研とNH農協生命両社のノウハウを活かし、介護領域の新たなビジネス開発に共同で取り組んでいくことを検討している。  NH 農協生命は1965...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月10-16日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS