町田市鞍掛台自治会 住民の買い物支援を開始

2020年 4月 3日

 東京都町田市西成瀬の鞍掛台自治会は43日から、地域住民の買い物・外出支援を目的とした送迎サービス「鞍掛台買物・外出支援プロジェクト」の本稼働を開始した。近隣の社会福祉事業所4者との協働事業。

 外出に困っている高齢者などのため、近隣の福祉事業所の送迎車とドライバーの空き時間を利用して無料送迎車を運行する。車は地域の拠点となる成瀬コミュニティセンターと鞍掛台地区の4つの乗降場所を周回する

 鞍掛台地区は急な坂道が多く、バス停まで遠いことに加えて住民の高齢化が進み、外出が不便だという意見が住民から鞍掛台自治会に寄せられていた。そこで、自治会が中心となり、地域の高齢者支援センターと福祉事業所が一緒になってプロジェクトチームをつくり、2018年から約1年かけて検討を重ねた。

 昨年37日から、毎週木曜の午前11時から午後2時の間で6便、成瀬コミュニティセンターと4カ所の乗降場所を結ぶルートで、半年間の試行運行を始めた。運行を重ねながら問題点を検証し、取り組みを継続していくための改善も行った。

 10月からの半年間は、時間と便数を変更し、午前1045分から午後3時までの8便で、再び試行運行を行った。試行運行期間の1カ月の平均利用者は約70人、累計約860人だった。

 今年4月からの本運行では、昨年12月に行った住民へのアンケートや試行運行を検証し、毎週火曜・金曜の週2回、1日5便、週10便の運行で、利用者の利便性と拡大を図る。

 また、取り組みが新聞に掲載されたこともあり、市外からの視察や市内の他地域からの見学も受け入れている。市内では同様の「地域支え合い型の移動支援」が鶴川地域や相原地域にも広がり、今後の展開も期待できる。

 町田市南部にある西成瀬の鞍掛台地区は1960年代に分譲された330世帯、約850人が暮らす住宅街で、9割以上が鞍掛台自治会に加入している。

 なお、この取り組みは「まちだ〇ごと大作戦18-20」の支援を受けて行われた。これは市民が参加することを通じて、自らの地域への愛着や誇りを育むことを目指し、20181月から今年12月まで実施するものだ。

 町田商工会議所や町田市町内会・自治会連合会など、25団体で構成されるオール町田体制の「まちだごと大作戦実行委員会(https://machida-marugoto.jp/)」が推進している。

 コンセプトは、「人と人、人と地域団体との新しいつながりから市民や地域団体の考える夢をみんなでカタチにし、次世代へのレガシーを創りあげる交流感動都市まちだへ」。市民や地域団体、企業などから、自ら「やってみたい夢」の実現に向けた提案・アイデアの募集を行っている。

 町田市では、2018年の市制60周年から東京2020オリンピック・パラリンピックへと続く3年を、市民とともにまちの魅力や活力を高めていく未来を見据えた3年と捉え、この活動を始めた。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

訪看STに排泄に関する小型診断装置を導入🆕

 ツクイは訪問看護ステーション44事業所すべてに、富士フイルム製のAI診断支援ソフト搭載のワイヤレス超音波画像診断装置を導入した。  利用者の健康状態を「可視化」し、利用者1人ひとりにエビデンスに基づいた最適な看護ケアを実施することで、自立支援・重度化防止など地域医療・介護の質の向上を図る。...

医師の監修で制作した高機能の医療用ウエア発売🆕

 作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS」を企画・販売するオアシスライフスタイルグループは、現役医師の監修により制作した新商品「スクラブシャツ」と「スクラブパンツ」を発売した。すでに一部の病院でユニフォームとして採用されている。
 
 医療現場では、血液や体液が衣類に付着した際にケアがしやすく撥水性がある点や、機能性を重視するとごわつきのある素材になることが多いため、

医療DXテーマのフォーラムを7月に開催 ユカリア🆕

 ユカリアは医療DXをテーマとしたフォーラム「第15回ユカリア フレンドシップミーティング」を7月に開催する。  基調講演では、日本のAI研究の第一人者で内閣府「AI戦略会議」の座長も務める東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授が、医療分野におけるAIの最新動向と可能性について講演する予定。  医療ビッグデータの活用や未病・予防医療の最新動向について、有識者によるパネルディスカッションも予定している。病院の経営・運営に携わっている人や製薬企業などヘルスケア関連企業、アカデミア、金融機関に勤務している人たちを対象としている。...

善光総研と韓国の生保が介護サービス事業で提携

 善光総合研究所は韓国のNH農協生命保険と介護サービス事業の業務協力に関する協約書を締結した。  協力分野は療養・介護施設の運営、デジタルを活用した療養・介護のための機器の開発・普及・販売や人材の育成、療養・介護関連データ活用事業や共同研究などとなっており、善光総研とNH農協生命両社のノウハウを活かし、介護領域の新たなビジネス開発に共同で取り組んでいくことを検討している。  NH 農協生命は1965...

訪問スケジュール自動作成「ZEST」をアップデート

 在宅医療・介護の訪問スケジュールを自動作成するクラウドサービス「ZEST」を展開するゼストは、3月のフルリニューアルに続き、全4つの機能をアップデートした。  1点目は最短10秒でのスマートシフト作成を可能にした。基本となる週単位の勤務シフトについて、月の始まりの曜日や日数のバラつきを自動補正し、翌月に簡単にコピーすることができるようにした。  最短10秒ほどで1カ月の勤務シフトの作成できるため、勤務シフトの作成時間を大幅に短縮することができる。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月3-9日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS