厚労省へ軽度者に関する要望書 全国老施協

2022年 10月 22日

 全国老人福祉施設協議会は10月21日、厚生労働省に対し、関係7団体に呼びかけて取りまとめた、要介護度1、2 の人への訪問介護・通所介護を総合事業に移行する見直しに反対する要望書を提出した。

 関係7団体は全国⽼⼈保健施設協会、⽇本認知症グループホーム協会、⽇本介護⽀援専⾨員協会、⽇本介護福祉士会、⽇本ホームヘルパー協会、全国ホームヘルパー協議会、全国社会福祉法人経営者協議会。

 要望書では反対の理由として、適切な専門的サービスが提供されず自立が阻害されて重度化を招く恐れがある、総合事業のサービス単価が廉価に抑えられ地域で要介護者を支えるサービスの担い手がなくなる可能性があるなどを挙げている。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

視覚障害者用「AIスーツケース」で実証試験🆕

 視覚障害者が自立して街を移動するためのナビゲーションロボット「AIスーツケース」の開発を進めている次世代移動支援技術開発コンソーシアムは、昨年11月30日までと予定していた活動期間を1年間延長した。

仙台でICT活用のフレイル予防実証実験 SMS

 エス・エム・エスは仙台市でICTを活用した高齢者のフレイル予防の実証試験を今月から開始する。  市内に在住の65歳以上の高齢者を対象に、従来、質問用紙で行われることが多いフレイルチェックを、スマホを使ってWeb上で実施する。  また、オンラインで4拠点をつなぎ、同社所属の理学療法士と保健師がフレイル予防に関する知識を学ぶ座学と、ストレッチやトレーニングを組み合わせて行う「フレイルチェック&生涯ゲンキ講座」を開催する。...

老人福祉施設大会・研究会議を宇都宮で開催

 全国老人福祉施設協議会(老施協)は1月26、27日に「第1回全国老人福祉施設大会・研究会議~JSフェスティバルin栃木~」を、栃木県宇都宮市の宇都宮駅東口交流拠点施設(ライトキューブ宇都宮)などで開催する。  シンポジウム「デジタル介護:ロボット・ICTと共存する次世代の高齢者福祉の魅力」では、2021~22年に実施した「全国老施協版介護ICT導入モデル事業」などを基に、介護DXによる現場への効果と現時点での課題、未来への提言を発信する。...

AI転倒検知システムを発売 グローリー

 グローリー(兵庫県姫路市)は、高齢者施設などの居室を見守る転倒検知システム「mirAI-EYE(ミライアイ)」を発売した。  赤外線3次元センサーを活用し、人の骨格から姿勢を正確に認識できるAI画像認識技術を応用し、エコナビスタ(東京都千代田区)と共同開発した。  エコナビスタが提供する高齢者施設見守りシステム「ライフリズムナビ+Dr.」と連携し、高齢者の見守りと介護スタッフの負担軽減を図る。...

つくば市で高度救急搬送システムの実証実験

 東京大学発医療系ベンチャーのTXP Medical(東京都千代⽥区)は、スーパーシティの取り組みとして、つくば市で救急医療の質向上のための高度救急搬送システムを構築し、救急現場での実証実験を開始した。  同社が全国の⾃治体に提供している「救急医療情報システムNSER mobile」を使い、つくば市消防本部とつくば市内の救急告示病院などとデータ連携を推進する。7月に採択され、11月からシステムを稼働し、12月12日時点で884件の救急搬送に寄与している。  NSER mobile...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(1月23-29日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS