社福向けソフト「らいと」のシェアが50%に

2021年 10月 6日

 ヴィンテージ(北九州市)は10月6日、社会福祉協議会向け日常生活自立支援事業業務支援システム「らいと」が、東京23区・全国政令市ともにシェア50%を獲得したと発表した。

 らいとは日常生活自立支援事業に関わる業務情報を一元管理するソフトウェア。わかりやすい直感的な画面と充実の機能で、主に全国の大規模・中堅規模自治体の社会福祉協議会で採用されている。

 同社は2009年から社会福祉協議会が主体となる各種事業に特化した業務支援システムを開発・販売してきた。19年からはパッケージソフトウェアの開発で培ったノウハウを凝縮したクラウドサービスも展開している。

 法人の規模を問わず活用できるラインナップが揃っており、現在全国約300法人がヴィンテージの福祉業務支援システムを利用している。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

横浜・寿町に新しい形のデイサービスを開設🆕

 ワーカーズコープ(労働者協同組合)は8月、横浜・寿町の簡易宿泊所の2階にデイサービス「横浜中部地域福祉事業所・寿ワーカーズ」を開設した。
 利用者のQOLが向上すると見込まれる…

次世代型膝手術支援ロボット「CORI」を発売🆕

 スミス・アンド・ネフュー(東京都港区)は、7月に薬事承認を取得した膝手術支援ロボット「CORI(Core of Real Intelligence、販売名:CORI サージカルシステム)」を今月から販売する。
 CORIは2012年から…

救急医療で共同研究 ファストDr.・大阪医薬大

 ファストドクターは大阪医科薬科大学と救急医療分野での共同研究契約を締結した。科学的エビデンスに基づく新しい救急受診支援システムの提案と、同システムの社会的効果の定量評価を行い、適切な救急医療のあり方への幅広いエビデンス創出を目指す。  大阪医科薬科大が主に学術的に救急受診支援システムの質の評価を担当し、ファストドクターが主としてサービス機能の体系化を担当する予定。...

訪問看護師の在宅治験を支援 3H・ケアプロ

 3Hメディソリューションとケアプロは、訪問看護師による在宅での治験支援を開始した。これまで治験に参加したいと考えても通院が困難で参加できなかった患者の希望を叶え、製薬の研究促進への貢献を図る。  これまでの治験は治験参加者が医療機関へ通院し、対面で行うことが一般的だった。しかし、デジタルや在宅を活用した治験により、通院が容易ではない小児や難病、がん、認知症などの治験を行うことが可能になった。...

温浴施設をフレイル予防の拠点に コロンブス

 フレイル早期発見システム「ASTERⅡ」を販売するコロンブス(鳥取県米子市)は、同市の温浴施設「白鳳の里・淀江ゆめ温泉」をフレイル予防の新たな拠点とし、市内在住の65歳以上の高齢者を対象とするフレイル予防教室を開始した。  温泉に入るついでに、気軽に予防対策ができる施設として温浴施設を活用することにした。日常的に自分のフレイル状態をチェックすることで、フレイル予防対策を住民にとって身近なものにすることを目指す。...

創刊1周年を記念し、全コンテンツを2週間無料で読めるキャンペーンを実施中!  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(10月4-10日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS