自宅療養者に食料を支援 ファストドクターなど

2021年 9月 10日

 自宅療養者への医療支援を行うファストドクター(東京都新宿区)と伊藤忠商事は、新型コロナウイルス感染による東京23区の自宅療養者向けに、食料品の無償提供を9月14日から開始する。

 ファストドクターに登録する医師が往診したり、オンライン診療によって処方薬を宅配したりする際に、スポーツ飲料やゼリー、茶系飲料、おかゆ、みそ汁、菓子など、栄養・消化のしやすさ・日持ち・食べやすさなどを考慮した約10種類の食料品を配布する。

 伊藤忠商事は国内外のネットワークを活かし、取引先の食品メーカーと連携して、タイムリーな食料品供給により取り組みをサポートする。

 食料品は賛同食品メーカーである、はくばく、ハナマルキ、伊藤園、ロータスベーカリーが無償または特別条件で提供する。賛同メーカーは順次拡大していく予定。

 ファストドクターの医師が往診した際、自宅療養者から「食料が底をつきかけている」との声を多く耳にし、今後の感染再拡大も見据えて今回の取り組みを企画。今年8月に伊藤忠商事の子会社である伊藤忠テクノロジーベンチャーズがファストドクターに出資したことで実現した。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

短期滞在型自立支援サービス提供 ポラリスなど🆕

 全国で自立支援特化型のデイサービスを運営するポラリス(兵庫県宝塚市)とパナソニックは、10月1日から要介護高齢者向けに、リーガロイヤルホテル(大阪)で、IoT・AI技術を活用した短期滞在型の自立支援サービスを開始する。  両社は2018年2月から自立支援介護プラットフォームの共同開発を行ってきたが、今回、ウェアラブル機器やモバイル端末を使い、直接対面をしなくても、リモート環境で高齢者の状態を把握できるリモートアセスメントシステムを共同開発した。...

北海道銀行と「カイポケ」で業務提携 SMS

 エス・エム・エスは北海道銀行と介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」に関して業務提携した。  経営安定化を必要としている介護事業者に連携してカイポケを紹介する。エス・エム・エスの介護業界に特化したソリューション提案と道銀の地場ネットワークを生かし、介護事業者の業務効率化と経営改善への対応を目指す。介護業界向けセミナーや個別相談なども実施していく予定だ。  カイポケは業務効率化や財務改善など、介護事業者の経営改善に役立つサービスをワンストップで提供するサブスクリプション型のクラウドサービス。...

介護資格の取得支援スクールを福岡に開設 SMS

 エス・エム・エス(東京都港区)は「カイゴジョブアカデミー」の福岡天神校(福岡市)を、9月6日にオープンする。  カイゴジョブアカデミーは、介護で働く人のための資格取得支援スクール。介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士など6種の資格取得講座を開講し、介護未経験者・経験者双方の専門的なスキル向上や新たな資格取得をサポートする。  これまで、関東・関西・中部エリアで19校を運営しており、福岡天神校は九州エリアで初となる。6種の講座のうち、介護職員初任者研修を行う。...

創刊1周年を記念し、全コンテンツを2週間無料で読めるキャンペーンを実施中!  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(9月13-19日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS