後期高齢者医療の2割負担 対象所得で5案提示

2020年 11月 20日

 厚生労働省は11月19日に開催した社会保障審議会(厚労相の諮問機関)医療保険部会で、後期高齢者の医療費の窓口負担の引き上げについて、対象となる所得基準で5つの案を提示した。

第134回医療保険部会

 後期高齢者の負担割合は現在、3割負担となっている課税所得が145万円以上の現役並み所得層(後期高齢者の約7%)を除くと、1割負担となっている。このうち世帯全体が住民税非課税の低所得層を除く、一般層を対象に負担を2割に引き上げる方針が示されている。

 厚労省は一般層のうち2割負担となる層を、所得を基準として①介護保険の2割負担の対象者の割合(上位20%)と同等の本人収入240万円以上(現役並み区分を除くと上位13%、約200万人)②現行2割負担である70~74歳の平均収入額(約218万円)を上回る同220万円以上(同18%、約285万人)③平均的な収入で算定した年金額(単身187万円)を上回る同200万円以上(同23%、約370万人)④本人に課税の対象となる所得がある同170万円以上(同31%、約520万人)⑤本人に住民税の負担能力が認められる同155万円以上(同37%、約605万人)の5つに分類し、選択肢として挙げた。

 また、75歳以上の高齢者は、ほぼすべてが外来受診しており、そのうち5割弱が毎月受診している。窓口負担の2割引き上げの影響を受ける人の多くが外来受診者であり、2割負担とした場合、約6割の人が高額療養費の限度額に該当せず負担が2倍となる。

 そこで、長期にわたる外来受診について、急激な負担増を抑制するため、2割負担になる人の外来受診の負担増加額を、最大の場合の月9000円の半分である月4500円とする、2年間の経過措置を設ける案も提示した。この措置の対象となる人は、2割負担となる人の約6割になる。

 この日の会合では、5案のうち①の介護保険の2割負担の人は、本人収入が280万円以上なので、整合性がないとの意見が複数の委員から出された。また、一般層全体(約945万人)を選択肢に入れるべきとの意見や、②が妥当とする意見を複数の委員が述べていた。 

 前回の会合同様、経済界や保険者などの委員は、現役世代への負担減や医療保険制度の持続可能性などの観点から2割負担への引き上げを求め、医療関係者や老人団体の委員は、受診控えにより重度化し、かえって医療費が増加するなどの理由で反対の意見を述べたため、結論は次回以降に持ち越された。

 なお、この日の会合では、大病院への患者の集中を防ぎ、かかりつけ医機能を強化するため、大病院で紹介状なしに受診する場合、初診料に5000円を上乗せする定額負担を、7000円以上に引き上げるとともに、対象病院を拡大する案も示された。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

家庭福祉に関する資格創設などを議論 児童部会🆕

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)児童部会は6月9日、各専門委員会やワーキンググループの取りまとめなどをめぐって議論を行った。
 厚労省では子ども家庭福祉に関する資格を新たに創設する方針を示しており、ワーキンググループの取りまとめでは、資格取得に当たり①社会福祉士・精神保健福祉士の養成課程との共通科目を基礎としててn

「医療的ケア児支援法案」が衆院本会議で可決🆕

 日常的に医療的ケアを必要とする子どもとその家族を支援するための「医療的ケア児支援法案」が6月8日、衆議院本会議で全会一致により可決された。  厚生労働省によると、新生児集中治療室(NICU)などに長期入院した後、人工呼吸器やたんの吸引などの医療的ケアが日常的に必要な子どもの数は、2万人を超えている。  このような医療的ケアの必要な子どもたちやその家族への支援は、医療や福祉、保健、子育て支援、教育などの多職種連携が不可欠だ。...

障害者雇用・福祉の連携へ報告書 厚労省検討会

厚生労働省の「障害者雇用・福祉施策の連携強化に関する検討会」は6月4日、報告書案を了承した。障害者の就労支援をめぐり、雇用施策と福祉施策の2つの制度が縦割りになっていることから生じる課題や、「制度の谷間」から十分に対応できていない状況に対し、具体的な検討の方向性をまとめた。
 報告書では①障害者のニーズの把握と就労能力や適性の評価のあり方……

20年の出生数は過去最少に 死亡者数も減少

 厚生労働省が6月4日に発表した人口動態調査によると、2020年の出生数は84万832人で前年に比べ2万4407人(2.8%)減少し、過去最少となった。  出生数は1949年の269万6638 人をピークに、75年以降は減少と増加を繰り返しながら減少傾向が続いている。2015年は5年ぶりに増加したが、16年から再び減少している。  母親の年齢を5歳刻みに見た場合、45歳以上は前年に比べ増加したものの、44歳以下はすべて減少。第1子出生時の母親の平均年齢は上昇傾向にあったが、15年以降は30.7歳で横ばいになっている。...

20年度生活保護申請2.3%増 コロナが影響

 2020年度(2020年4月―21年3月)の生活保護申請件数は22万8081件で、比較が可能な12年度以降、初めて前年度を上回ったことが、6月2日に公表した厚生労働省の調査で分かった。  前年度に比べ5039件、2.3%増加した。新型コロナの感染拡大により、雇用状況が悪化したことが影響したとみられる。  申請件数は12年度の27万5225件から減少傾向が続いていたが、最初の緊急事態宣言が発令された昨年4月に申請件数が前年同月比24.9%増と急増した。...

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月14日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS