後期高齢者医療費 2割負担で3万4千円増に

2020年 11月 13日

 厚生労働省は11月12日に開催した社会保障審議会(厚労相の諮問機関)医療保険部会で、後期高齢者の医療費の自己負担を2割に引き上げた場合、課税所得が145万円未満では、1人当たり自己負担額が年間3万4000円の増加になるとの推計値を示した。ただ、負担割合が2倍になっても、負担額は2倍にはならず、4割増程度にとどまるとの見方も紹介した。

第133回医療保険部会

後期高齢者の自己負担を2割に引き上げる方針をめぐり議論した

 昨年12月の全世代型社会保障検討会議の中間報告で、一定所得以上の後期高齢者の医療費の窓口負担割合を2割とするとの方針が示された。その際、具体的な施行時期や2割負担の具体的な所得基準、長期にわたり頻繁に受診が必要な高齢者の生活などに与える影響を見極め、適切な配慮を検討するとされている。

 同省の昨年度の調査によると、高齢者の平均収入は50~54歳をピークに年齢を重ねるにつれて低下し、75歳以上の個人の収入は、50%以上が150万円未満の階層に分布していた。
また、外来診療を受けた患者のうち、受診した月数が2カ月以下の割合は、被用者保険と国民健康保険では約3割であるのに対し、後期高齢者医療では1割弱で、外来受診者の5割弱が毎月診療を受けていた。

 さらに、課税所得が145万円未満で、世帯全員が住民税非課税ではない後期高齢者の自己負担の推計分布では、2万円超から3万円以下が14%強で最も多かった。この層を対象に、自己負担を現在の1割から2割に引き上げて試算を行うと、年間の自己負担額は、年間8万1000円から11万5000円になることが分かった。

 この日の会合では、支払側や財界、識者の委員からは現役世代への負担を軽減することや、皆保険制度を維持することなどを理由に、2割負担への引き上げに賛同する意見が出された。一方、診療側委員からは、受診を控えるようになって重症化し、かえって医療費が増加するなどの理由により、引き上げに反対する考えが示された。また、引き上げるにしても段階的な引き上げを求める声や、引き上げるにしても2割が限界とする意見もあった。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

次期調剤報酬改定に向け議論を開始 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は7月14日、厚生労働省から示された次期調剤報酬改定の論点を議論した。
 論点の主なものは、薬局の対物業務から対人業務への構造的転換の推進……

診療所の休廃業が過去最多傾向 帝国データ調べ

 帝国データバンクの調査で、無床診療所の休廃業・解散が258件と過去最多ペースで推移しているほか、すでに昨年の通年件数に並んだ倒産の9件と合わせ、267の診療所が休んだり閉じたりしていることが分かった。  6月までに廃業や倒産の累計が250件を超えたのは初めて。このペースが続いた場合、今年は過去最多となった2019年の406を大きく上回る、500以上の診療所が休廃業などを行う可能性があるという。...

1年で相談2500件 神戸ひきこもり支援室

 神戸市は6月29日、「ひきこもり支援室」を開設してから約1年間の相談件数が2516件だったと発表した。  同市はひきこもりに対する要支援者が約6600人いると推計し、「神戸ひきこもり支援室」を昨年2月3日に開設。ワンストップの相談窓口として、背景にある健康や就労、教育、住居などの問題にも関係部局・機関と連携して対応してきた。  今年3月までの約1年間の相談件数2516件のうち、半数程度が支援室と分室を直接訪れ、その次に電話での相談が多かった。...

日本の総人口1億2600万人 減少幅は縮小

 総務省が6月25日に発表した国勢調査の速報値によると、2020年の外国人を含む日本の総人口は1億2622万6568人で、5年前の前回調査に比べ86万8177人減少した。ただ、減少率は0.68%減で、外国人が増加したことなどで、前回より減少幅が縮小している。...

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(7月19-25日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS