自治体の介護・フレイル予防を支援 SMS

2022年 7月 21日

 

 エス・エム・エスは自治体向け新サービス「データを活用した介護・フレイル予防」を今月から提供する。

 2020年の健康保険法改正により、24年までに全市町村で高齢者の保健事業と介護予防を一体的に実施することを目指すことになった。

 具体的な取り組みとして、各市町村には高齢者の医療・介護の情報を一体的に把握し、地域における健康課題の整理・分析や課題解決までを一貫して行うことが求められている。

 そこで、同社は各市町村が行う調査事業・計画策定事業・予防事業の3つの事業をワンストップで支援することにした。

 介護予防把握事業、介護予防・日常生活圏域ニーズ調査に対して、各市町村の要望に応じた設問を追加した調査票の作成、調査の実施、結果票の送付、調査報告書の作成まで対応する。併せて調査結果に基づいた高齢者福祉計画・介護保険事業計画等計画の策定も行う。

 さらに具体的な予防事業の一環として、重症化予防・特定保健指導(オンライン)や介護・フレイル予防教室(オフラインまたはオンライン)を実施する。

 介護・フレイル予防教室で行うプログラムの企画・運営を行う理学療法士は、同社が運営する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向け人材紹介「PTOT人材バンク」のネットワークを活用するため、安定的にサービスを提供することができる。

 これにより、各市町村は高齢者情報の把握、データを活用した地域の健康課題に対する施策の検討・策定、生活習慣病などの疾病予防・重症化予防と介護・フレイル予防の具体的な対策までの一連の流れを、効果的・効率的に実施することが可能になる。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

新工法で福祉施設の木造建物を建築 コスト

 コスト(京都市)は国産材を使ったCLTパネルを、福祉施設専用にパターンモデル化した新商品「木のIZANAI工法」を発売した。
 パターンモデルにはTYPE1とTYPE2の2種類がある。障害者グループホーム向けの…

厚労省へ軽度者に関する要望書 全国老施協

 全国老人福祉施設協議会は10月21日、厚生労働省に対し、関係7団体に呼びかけて取りまとめた、要介護度1、2 の人への訪問介護・通所介護を総合事業に移行する見直しに反対する要望書を提出した。  関係7団体は全国⽼⼈保健施設協会、⽇本認知症グループホーム協会、⽇本介護⽀援専⾨員協会、⽇本介護福祉士会、⽇本ホームヘルパー協会、全国ホームヘルパー協議会、全国社会福祉法人経営者協議会。...

郡山市で睡眠健診の実証実験 ACCELStars

 福島県郡山市と東京大学医学部発のスタートアップACCELStars(アクセルスターズ、福岡県久留米市)は、睡眠データが健康・医療・介護に寄与する影響を明らかにすることを目指し…

介護DX促進へ山形で実証実験 CARESPACE

 CARESPACE(山形市)は、今月から同市のなでしこ地域包括支援センター圏域で、事業所間のクラウドネットワーク化による介護現場の業務改善に関する実証実験を開始した。期間は12月末まで。  同社はケアマネジャーと介護事業所をつなぐICTプラットフォーム「CareSpace」を運営している。実験では市の協力を得て、電話やFAXからクラウドへの置き換え、ICTツール利用促進への意識改革を行う。  介護業界では要介護者に関する情報共有の主な手段として、電話やFAXが使われている。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(11月14-20日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS