昨年度の医療費、コロナで過去最大の下げ幅に

2021年 9月 1日

 厚生労働省が8月31日に公表した昨年度の医療費の年度集計結果によると、概算医療費は42兆2000億円で、対前年比3.2%減、金額で1兆4000億円減となり、過去最大の減少幅となった。新型コロナウイルスの影響による受診控えなどが影響した。

 医療費の減少は高額薬剤などの薬価引き下げなどがあった2016年度以来4年ぶり。下げ幅としては、これまで最大の下げ幅だった、介護保険制度が発足した2000年度の約6000億円減を大きく上回った。

 疾病別の外来医療費では「呼吸器系の疾患」が29.3%減と減少幅が最も大きく、医療費全体の伸び率に対する影響度で見ても過半を占めた。

 年齢別では、入院・外来ともに「0歳以上 5歳未満」「5歳以上 10歳未満」などの若年層の減少幅が大きかった。特に0歳以上 5歳未満の外来は23.8%減となった。

 延べ受診者数を示す受診延べ日数は、8.5%減。入院が5.8%減であるのに対し、外来が10.1%減となっており、受診控えの影響を示している。中でも小児科(31.5%減)、耳鼻咽喉科(24.4%減)の減少幅が大きかった。

 概算医療費は医療費の動向を迅速に把握するため、医療機関からの診療報酬の請求(レセプト)に基づいて、医療保険・公費負担医療分の医療費を集計したもの。労災・全額自費などの費用を含まず、国民医療費の約98%に相当する。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

ノババックス製ワクチン供給契約を締結 厚労省

 厚生労働省は9月6日、武田薬品工業が米国ノババックス社から技術移管を受けて国内で生産・流通を行う新型コロナワクチンの供給に関する契約を締結した。  日本での薬事承認を前提に、早ければ来年初頭から約1年間で1億5000万回分の供給を受ける。  ノババックス社製は組み換えタンパクワクチンと呼ばれるもので、B型肝炎ワクチンなどとして使われてきた。...

休校で休む保護者を支援 助成金制度が再開へ

 厚生労働省は新型コロナによる休校・休園で、仕事を休まなければならない保護者を支援するための「小学校休業等対応助成金・支援金」制度を再開する。  年次有給休暇とは別に、小学校や幼稚園、保育所などが休校・休園になった子どもの保護者に有給休暇を取得させた企業に対し、賃金を全額補助するもの。保護者自身が申請することもできる。  同制度は今年3月に終了し、4月からは保護者1人当たり5万円、上限50万円の「両立支援等助成金」が導入されたが、申請できるのが事業主に限られていることに疑問が出されていた。...

創刊1周年を記念し、全コンテンツを2週間無料で読めるキャンペーンを実施中!  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(9月13-19日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS