病院の歯科機能強化など歯科巡り議論 中医協

2023年 11月 18日

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は11月17日、病院における歯科の機能の評価や障害者・認知症の人への治療など歯科医療について議論した。

 この日示された資料によると、回復期リハビリテーション病棟に入院している高齢患者の約8割に口腔機能障害が認められる一方、回復期リハ病棟入院料を算定している病院で歯科を持っているところは、全体の2割程度にとどまっている。

 回復期リハ患者に対し、歯科専門職が口腔管理を行ったところ、間接的にADLの改善につながったとする研究報告があることから、病院の歯科機能を強化するため地域歯科診療支援病院歯科初診料の施設基準を見直す意見が述べられた。

 また、脳卒中患者の多くに摂食嚥下障害が認められ、急性期では誤嚥のリスクが高いため、脳卒中発症後早期に歯科が介入することが必要とされているが、周術期等口腔機能管理料の対象となっているのは手術や放射線治療などを行う患者で、脳卒中患者は対象となっていない。そこで、脳卒中患者も対象とすべきとの考えが示された。

 障害者や認知症の人への歯科治療は非常に困難で、治療に対し泣いたり拒否したりなどの不適応行動を示す患者に対しては行動変容法(行動療法)が行われる。しかし、行動変容法を行った場合の評価は初診時だけであることから、治療内容に応じた評価を求める意見が出されていた。

 そのほか、医科では医療的ケアを行うにあたって必要な情報を学校医などに提供した場合は診療情報提供料が算定されるのに、歯科では障害児の摂食嚥下・給食などに関する情報提供を行っても評価されないことから、医科と同様の評価を求める意見があった。

 さらに、唾液分泌を抑制する薬剤や歯肉炎、顎骨壊死の原因となる薬剤があることから、医歯薬連携をより推進するための体制整備を求める意見もあった。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

2040年度に介護職員数が約57万人不足 厚労省推計

 厚生労働省の推計によると、65歳以上の高齢者数がピークを迎える2040年度に必要な職員数は約272万人で、現状のままでは約57万人不足することが分かった。26年度に必要な職員数は約240万人で同約25万人不足する。
 
22年度の介護職員数は約215万人。40年度に必要な職員数を確保するには…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

訪問看護ステーション数が過去最多に 全訪看

 全国訪問看護事業協会がまとめた4月1日現在の全国の訪問看護ステーションの稼働数は1万7329カ所で、前年に比べ1632カ所(12.3%)増加して過去最高となった。
 
 2023年度中に新規に開設された事業所数は2437カ所で、同469カ所(23.8%)増えた。訪問看護ステーション数は10年度以降、右肩上がりで増加しており…

新たな介護予防サービスを3区で開始 横浜市

 横浜市はフレイルを予防・改善し、多くの高齢者が自立した生活を続けられることを目的に6月から新たな介護予防サービスを南・栄・泉の3区で開始した。
 
 健診データ・診療データ・要介護認定情報またはフレイルチェックシートを活用し、フレイルなどの高齢者を把握する。身体機能や栄養状態、口腔機能の低下が懸念される人に介護予防サービス利用の案内を送付。個人の状態に合わせて…

子どものいる世帯2割弱 1人暮らしが過去最多に

 厚生労働省の「2023(令和5)年国民生活基礎調査」によると、昨年6月1日時点の全国の世帯総数は5445万 2000世帯で、このうち1人暮らしの世帯が1849万5000世帯で全世帯の34.0%を占め、調査を開始した1986年以来、過去最多となったことが分かった。  18歳未満の子どもがいる世帯は983万5千世帯で、全世帯の 18.1%。世帯数・割合とも過去最少だった。  高齢者世帯は 1656 万世帯(全世帯の...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(7月15-21日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS