オン資導入の経過措置など承認し答申 中医協

2022年 12月 23日

 厚生労働省の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)は12月20日、オンライン資格確認の導入の原則義務付けに関する経過措置と医療情報・システム基盤整備体制充実加算、医薬品の安定供給についての加算に関する諮問に対し、答申書を取りまとめた。

535回中医協03

本田顕子政務官(左)に答申書を手渡す小塩隆士会長

 来年4月1日からの原則義務付けに当たり、システム導入が間に合わない医療機関・薬局に対する経過措置については、来年2月末までにベンダーと契約したもののシステム整備が未完了の場合は遅くとも9月末までに、光回線のネットワークが未整備の場合は、回線が整備されてから6カ月後までにシステムを整備する。

 また、訪問診療のみを提供する医療機関については、訪問診療のオンライン資格確認(居宅同意取得型)システムの導入を再来年4月までに、改築工事中・臨時施設の場合は改築工事・臨時施設が完了・終了するまでに整備。廃止・休止を計画しているところは遅くとも再来年秋までに廃止・休止するものとする。

 さらに、自然災害などにより導入が困難であったり、高齢の医師でレセプト取り扱い件数が50件以下であったりするなど、特に困難な事情がある場合は事情が解消されるまでの期間を経過措置の期限とした。

 21日の大臣折衝で唐突に打ち出され、支払側委員から反対意見が出されていた医療情報・システム基盤整備体制充実加算に関しては、大臣合意の重みを勘案して導入することが承認された。

 期限は来年4月から12月までの9カ月間。初診・調剤では、現行のマイナンバーカードを利用しない場合の加算に上乗せして加算される。また、再診の場合は新たに加算を設ける。このため、マイナンバーカードを利用しない患者は、窓口負担が増えることになる。

 一方、医薬品の安定供給についての加算では、薬剤の一般的名称を記載する処方箋を交付する際、患者に十分な説明をすることと、施設内の見やすい場所に説明を掲示するという追加の施設基準を満たしている場合、現行の一般処方加算に上乗せして加算される。

 後発医薬品使用体制加算、外来後発医薬品使用体制加算、薬局の地域支援体制加算についても、追加の施設基準を満たすことで加算が上乗せとなる。

 医薬品の安定供給に関して、委員からは薬価や診療報酬だけで改善するものではなく、むしろ医薬品業界の抜本的な改革が必要という意見が多数出されていた。

 また、医療情報・システム基盤整備体制充実加算がほとんど議論されずに導入されたことについて懸念を示す考えが、複数の委員から述べられていた。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

複数の比較薬で「ゾコーバ」の薬価算定へ🆕

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)薬価専門部会は2月1日、塩野義製薬の新型コロナ経口薬「ゾコーバ」の薬価算定について議論した。  複数の比較薬に基づき薬価を算定し、薬価収載後の市場拡大再算定は感染状況や薬剤の使用量などに関するデータを活用して市場規模を推計し、機動的に価格調整を行えるようにする、との厚労省の提案について異論は出なかった。...

科学的介護・LIFEの認知度低い 学会調査🆕

 日本福祉介護情報学会(代表理事・生田正幸関西学院大学大学院教授)は、介護現場スタッフのデジタル化についての意識を調査し、同学会の研究大会でその結果を発表した。   高齢者介護の現場では近年、科学的介護や人材不足対策の旗印のもとデジタル化やDXが推進されている。アウトカム評価やLIFEが導入され、サービスへの影響も指摘される。現場で働くスタッフはこうした動きをどう受け止めているのか、同学会が調査した。   このほど開催された同学会の第24回研究大会(共催・社会福祉法人グループ リガーレ)で発表された調査結果から、一部を抜粋する。 ...

ゾコーバの薬価算定めぐり議論 薬価専門部会🆕

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)薬価専門部会は1月25日、塩野義製薬の新型コロナ経口薬「ゾコーバ」の薬価算定に関して議論した。  ゾコーバは昨年11月に緊急承認され、現在は厚労省が所有し、対象患者が発生または発生が見込まれる医療機関・薬局からの依頼に基づき、無償で譲渡されている。  市販するための薬価算定に当たっては、最も類似性が高い薬剤に合わせて薬価を決定する「類似薬効比較方式」が原則となる。...

同時改定で給付費分科会と意見交換へ 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)は1月18日、厚生労働省が提示した2024年度の診療報酬改定に向けた検討の進め方を承認した。  12年度、18年度に次ぐ3回目の介護報酬との同時改定となる今回も、これまで同様、介護給付費分科会と意見交換会を開催する。  また、プログラム医療機器(SaMD)ワーキンググループを保険医療材料等専門組織の下に新設することになった。...

4議題議論し田中会長の任期満了 給付費分科会

 第213回社会保障審議会介護給付費分科会は1月16日、①令和3年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和5年度調査)の進め方について、②介護職員処遇改善加算等の申請様式の簡素化等について、③訪問看護ステーションにおける人員基準に関する地方分権改革提案について、④令和6年度同時改定に向けた意見交換会について、議論した。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(1月23-29日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS