介護サービスの基盤整備を議論 介護保険部会🆕

2022年 11月 14日

 厚生労働省社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護保険部会は11月14日、生活を支える介護サービス基盤の整備をめぐって議論した。

 最初に検討の方向性を厚労省が示した。地域の実情に応じた介護サービスの基盤整備としては、長期的な介護ニーズの見通しや必要な介護職員数を踏まえて計画を策定する。その際、既存施設・事業所の今後のあり方も踏まえた検討を各自治体に促す。

複合型サービスの創設
 在宅サービスについては、既存資源などを活用した複合的な在宅サービスの整備を進める。例えば、訪問や通所といった複数の在宅サービスを組み合わせて提供する複合型サービスの類型などを設ける。

 定期巡回・随時対応型訪問介護看護と夜間対応型訪問介護など、機能が類似・重複しているサービスの将来的な統合・整理に向けて検討するほか、中重度の人に対する介護サービス基盤の整備を進める。

 ケアマネジメントの質の向上では、適切なケアマネジメント手法の普及・定着、ケアプラン情報の利活用などを図る。

 在宅医療・介護連携については、医療計画と介護保険事業計画の整合性を図るほか、介護保険事業計画で病床の機能分化・連携に伴う需要も踏まえる。都道府県・市町村の医療介護関係者が協議の場での協議などを通じて連携を図る。

 地域の高齢者リハビリテーションの推進としては、介護保険事業計画での対応も含め、地域リハビリテーション体制の構築やリハビリテーションに関する取り組みを充実させる。

 特別養護老人ホームでの医療ニーズへの適切な対応のあり方については、配置医師の実態なども踏まえ、診療報酬や介護報酬上の取り扱いも含めて検討する。

特例的な入所の実態を把握
 施設サービスでは、特養で現在、要介護1・2については特例的な入所を可能としている。特例入所を実施している老健などの実態を把握した上で、適切な運用を図る。

 住まいと生活の一体的な支援に関しては、介護分野以外の施策との連携や役割分担のあり方などを検討する。

 科学的介護の推進のため、国が提供しているLIFEのフィードバックの改善、入力負担の軽減、収集項目を検討する。

 介護サービスの情報公表では、社会福祉法人や障害福祉サービス事業者が財務状況を公表していることから、介護サービス事業者も財務状況を公表することを検討。各施設・事業所の従事者情報では、1人当たりの賃金なども公表対象とする。

 介護現場の安全確保のため、自治体の取り組みの好事例の横展開や国による事故情報収集・活用の仕組みを構築する。

 高齢者虐待防止では、身体拘束の防止のための方策、養護者に該当しない者からの虐待防止のための方策などを講じる。

看多機を居宅サービスに
 委員からは、在宅サービスのうち、特に看護小規模多機能型居宅介護に関して多くの意見が述べられた。

 看多機は地域密着型サービスであるが、小規模自治体や中山間地域の自治体などでは地域で整備できないところがある。そうしたところでも利用できるよう、居宅サービスに位置付けることが提案された。定員増の要望もあった。

 また、ケアマネジメントの質の向上に関しても複数の委員から意見が出て、質もさることながら、ケアマネジャーの不足に対する人材確保の問題や、居宅介護支援事業所の独立性の必要性などが指摘されていた。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

給付と負担の7論点を議論 介護保険部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)介護保険部会は10月31日、介護保険の給付と負担についての議論を本格的に始めた。  2022年度の介護費用総額は13.3兆円(予算ベース)と制度創設時のおよそ3.7倍であり、第1号被保険者保険料の全国平均も、月額6000円を超えて2.07倍に膨らんでいる(第8期)。  2040年に向けて高齢者が増え、また、85歳以上の長寿者の急増も予想されるため、介護費用も保険料もこのまま上がり続ければ制度の持続可能性が懸念される。...

高齢者医療制度の見直しに着手 医療保険部会

 厚生労働省は10月28日、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)医療保険部会に後期高齢者医療制度の見直しに関する論点を提示した。  増え続ける高齢者の医療費を公平に支え合うため、世代間・世代内の負担のありかたを見直す。  世代間に関しては、後期高齢者の1人当たり保険料が制度創設時に比べ1.2倍となっているのに対し、現役世代の1人当たり後期高齢者支援金は1.7倍と、現役世代の負担が大幅に増加している。  そこで、現役世代の現役世代の負担上昇を抑制するため、高齢者負担率のありかたを見直す。...

財政検証控え制度改正の議論を開始 年金部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)年金部会は10月25日、専門委員会の設置や今後の論点となる年金制度の意義・役割について議論した。  前シーズン(令和2[=2020]年改正法検討時)の同部会は2018年4月に始まり、19年12月に「議論の整理」を公表した。今回の部会は次の財政検証を24年に控え、3年ぶりに始まった。  会議ではまず部会長・部会長代理を選出し、「年金財政における経済前提に関する専門委員会」の設置を了承した。そして、今後の論点となっていく年金制度の役割や制度改正について、事務局が説明した。...

出産一時金や医療費適正化議論 医療保険部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)医療保険部会は10月13日、出産育児一時金、医療費適正化計画の見直しなどについて議論した。  1994年、それまでの「分娩費」と「育児手当金」を廃止して創設された出産育児一時金は、現在、原則42万円が支給される。創設から30年近く経過し、実態をふまえた支給額の検討などが課題となってきた。  出産費用やその内訳といったデータが提示され、私的施設は高額の傾向があることや、都道府県別の費用が明らかとなった。...

23年度薬価改定の議論を開始 中医協部会

   中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)薬価専門部会は10月5日、2回目の中間改定となる2023年度の薬価改定に関する議論を開始した。  薬価は2年に1度改定されてきたが、実勢価格との乖離を是正するため、21年度から中間改定が行われるようになった。  前回の改定では乖離率が5%を超える品目が対象となり、全1万7550品目の69%に当たる1万2180品目が改定対象となり、約4300億円が削減された。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(11月14-20日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS