感染症法の改正など議論 医療保険部会

2022年 8月 22日

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)医療保険部会は8月19日、感染症法の改正などについて議論した。

 新型コロナウイルス感染症では、医療提供にさまざまな問題が生じた。これまで指摘された課題は、

 〇指定医療機関だけでは入院患者を受け入れきれず、一般病院が通常医療を制限してでも病床を確保する必要が生じた。ところがこうした事態は想定されておらず、体制の立ち上げに時間がかかった
 〇ウイルスの特性が明らかになった後でも、医療機関の役割調整が困難だったり、医療体制が十分に確保されなかったりした
 〇感染の疑いのある患者が普段かかっている医療機関で診療を受けられず、総合病院を受診したり、地方自治体に相談するケースがあった
 〇発熱患者を診療する医療機関が一部しか公表されず、公表している医療機関に患者が殺到して外来がひっ迫した

 である(第63回厚生科学審議会感染症部会)。これに対して、以下の方向性が示された(同部会)。

 〇新興感染症に対応する病床提供について、平時において都道府県と医療機関の間で協定を結ぶ「全体像」の仕組みを法定化し、危機発生時にはこの協定に従って医療を提供する。医療機関に対しては協定に沿って病床確保を促す措置を設けるなど、都道府県・国が医療資源確保についてより強い権限を持つことができるよう、法律上の手当を行う

 具体的には、以下の策が提案された(同部会)。

 〇都道府県は感染症まん延時における医療提供体制の確保に関し、計画的な取り組みを推進する。たとえば病床や発熱外来、後方支援、人材派遣などについて数値目標を盛り込んだ計画を平時から策定するなど
 〇都道府県が医療機関と協定を締結する仕組みを創設する
 〇これらの協定に沿った措置の公表、流行初期における減収補償の仕組みの創設など

 減収補償の仕組みについては事務局からイメージ案が示された。

 〇初動対応を含む特別な協定を締結した医療機関について、一般医療の提供を制限して大きな経営上のリスクのある流行初期の感染症医療を提供することに対し、減収補償を行う
 〇感染症医療を実施した月の診療報酬収入が、流行前の同月の診療報酬収入を下回った場合、差額を支払う
 〇事業実施主体は都道府県、費用負担者は国、都道府県、保険者(被用者保険、国保、後期高齢広域連合)

 これに対し委員から、費用負担者に保険者は入れず、全額公費負担とすべき、などの意見が示された。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

介護サービスの基盤整備を議論 介護保険部会🆕

 厚生労働省社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護保険部会は11月14日、生活を支える介護サービス基盤の整備をめぐって議論した。  最初に検討の方向性を厚労省が示した。地域の実情に応じた介護サービスの基盤整備としては、長期的な介護ニーズの見通しや必要な介護職員数を踏まえて計画を策定する。その際、既存施設・事業所の今後のあり方も踏まえた検討を各自治体に促す。...

給付と負担の7論点を議論 介護保険部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)介護保険部会は10月31日、介護保険の給付と負担についての議論を本格的に始めた。  2022年度の介護費用総額は13.3兆円(予算ベース)と制度創設時のおよそ3.7倍であり、第1号被保険者保険料の全国平均も、月額6000円を超えて2.07倍に膨らんでいる(第8期)。  2040年に向けて高齢者が増え、また、85歳以上の長寿者の急増も予想されるため、介護費用も保険料もこのまま上がり続ければ制度の持続可能性が懸念される。...

高齢者医療制度の見直しに着手 医療保険部会

 厚生労働省は10月28日、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)医療保険部会に後期高齢者医療制度の見直しに関する論点を提示した。  増え続ける高齢者の医療費を公平に支え合うため、世代間・世代内の負担のありかたを見直す。  世代間に関しては、後期高齢者の1人当たり保険料が制度創設時に比べ1.2倍となっているのに対し、現役世代の1人当たり後期高齢者支援金は1.7倍と、現役世代の負担が大幅に増加している。  そこで、現役世代の現役世代の負担上昇を抑制するため、高齢者負担率のありかたを見直す。...

財政検証控え制度改正の議論を開始 年金部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)年金部会は10月25日、専門委員会の設置や今後の論点となる年金制度の意義・役割について議論した。  前シーズン(令和2[=2020]年改正法検討時)の同部会は2018年4月に始まり、19年12月に「議論の整理」を公表した。今回の部会は次の財政検証を24年に控え、3年ぶりに始まった。  会議ではまず部会長・部会長代理を選出し、「年金財政における経済前提に関する専門委員会」の設置を了承した。そして、今後の論点となっていく年金制度の役割や制度改正について、事務局が説明した。...

出産一時金や医療費適正化議論 医療保険部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)医療保険部会は10月13日、出産育児一時金、医療費適正化計画の見直しなどについて議論した。  1994年、それまでの「分娩費」と「育児手当金」を廃止して創設された出産育児一時金は、現在、原則42万円が支給される。創設から30年近く経過し、実態をふまえた支給額の検討などが課題となってきた。  出産費用やその内訳といったデータが提示され、私的施設は高額の傾向があることや、都道府県別の費用が明らかとなった。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(11月14-20日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS