地域包括ケアの更なる深化議論 介護保険部会

2022年 5月 16日

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)介護保険部会は5月16日、ほぼ2カ月ぶりの会合をウェブで開催し=写真、地域包括ケアシステムの更なる深化・推進について議論した。

0516介護保険部会1size

 具体的な内容は①在宅・施設を通じた介護サービスの基盤整備、住まいと生活の一体的な支援、②医療と介護の連携強化、自立支援・重度化防止の取組の推進、③認知症施策、家族を含めた相談支援体制、④地域における介護予防や社会参加活動の充実、⑤保険者機能の強化、の5つ。会議の冒頭、事務局(厚労省の各課)がポイントを説明した。

 ①は2014年度から「低所得高齢者等住まい・生活支援モデル事業」を実施、助成を行っている。17年度からは地域支援事業交付金により支援できるようになっているが、実施している自治体は非常に少ない。21年度からは「高齢者住まい・生活支援伴走支援プロジェクト」が始まっている。

 ②は介護給付費分科会での指摘もふまえ、さまざまな施設類型での医療提供についてまとめた。また、本格運用が始まったLIFEの活用とリハビリテーション重視の姿勢が示された。

 ③は普及啓発と本人発信の支援、そして予防が柱となる。ここでの予防とは、「認知症にならないようにする」のではなく、「認知症になるのを遅らせる」「認知症になっても進行を緩やかにする」ことを指す。ヤングケアラーなど家族介護者への支援も盛り込まれた。

 ④では20年春以降のコロナ禍により、「通いの場」が大幅に活動自粛を強いられている現状が報告された。この調査によれば、3回目の緊急事態宣言が解除された21年10月以降はコロナ前の8割強が活動を再開している。コロナ後を見据えた総合事業の動向や、介護保険外サービスの現状も報告された。

 ⑤はいわゆるインセンティブ交付金について、22年度は前年度と同額が予算化された。給付適正化主要5事業の実施状況もまとめられている。

 以上のような事務局の説明に対し、委員からは、以下のような意見が出された。

 ・介護保険は市町村、医療保険は都道府県。両者をつなぐワーキンググループをつくり、包括的に議論する必要がある
 ・自立支援に反する過剰サービスが財政を圧迫している
 ・介護施設に医師が適正に訪問できるよう診療報酬の見直しを
 ・看多機はこれから需要増が見込まれる。さらなる促進・支援が必要
 ・「住み慣れた場所で最期まで」の実現には在宅サービスの充実が不可欠だが、小規模事業所が多く、経営は不安定で赤字も多い
 ・若年性認知症の当事者の声は聞こえるが、高齢の認知症当事者の声が届いてこない
 ・中山間地や離島では人口減少と高齢化がかなり進んでいる。そのためサービス提供人材が全く足りない。全国一律ではなく、地域の実情に応じた柔軟な施策が必要
 ・介護職への処遇改善が進み賃金が手当てされたため、医療機関で働く介護職が介護施設に移ってしまった。医療機関で介護人材が足りず、看護師が代わりにならざるを得ない
・介護保険制度は複雑でわかりにくい。市民にわかりやすく説明する工夫を
・居宅サービスの給付を削減すれば家族にしわ寄せが。介護離職やヤングケアラーを増やすことになるだけ。ホームヘルプやデイサービスの給付を確保すべき
・地域医療構想と介護保険事業計画を結び付け、「地域医療介護計画構想」が必要

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

改正総合支援法の報告書案承認 障害者部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者部会は6月13日、障害者総合支援法改正法施行後3年の見直しに関する報告書案を承認した。
 報告書案は基本的な考え方として、「障害者が希望する地域生活を実現する地域づくり」「社会の変化等に伴う障害児・障害者のニーズへのきめ細かな…

改正児童福祉法成立 自立支援の年齢制限撤廃

 参院本会議で6月8日、児童福祉法などの改正法が全会一致で可決・成立した。子育て世帯への包括的支援のための体制強化を目的とし、2024年4月1日に施行する。主な内容は以下の通り。  実親が育てられず児童養護施設や里親のもとで暮らす子どもへの支援は、これまで一律22歳までであったが、この制限を撤廃し、子ども個人に合わせた支援に転換する。社会的養育経験者を通所・訪問で支援する拠点を設置する事業を創設する。...

精神科医療機関の通報制度で異論 障害者部会

   社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者部会は6月3日、障害者総合支援法改正法施行後3年の見直しに関する報告書案を議論し、精神科医療機関の通報制度をめぐって委員の意見が分かれた。  報告書案では、「虐待の疑いを発見した精神科医療機関の職員等が、行政機関への通報を躊躇し、悪質な虐待行為が潜在化することのないよう、通報義務及び通報者保護の仕組みを設けることについて、制度上の対応を検討するべきである」となっている。...

21年の出生率は1.3で6年連続減少

   厚生労働省が6月3日に発表した2021年の人口動態統計によると、1人の女性が生涯に産む子どもの数に相当する合計特殊出生率は1.30で、前年に比べ0.03ポイント低下し6年連続で減少した。  出生数は81万1604 人で、前年より2万9231人減少し、過去最少となっている。出生数を母親の年齢別にみると、40~44 歳で前年に比べ増加し、他の各階級では減少した。...

対面での議論の重要性を再認識 障害者部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者部会は5月27日、前回に続き障害者総合支援法改正法の施行後3年の見直しに関する最終報告に向けて各委員が意見を述べた。  今回は会場参加の委員の間で医療と福祉の連携をめぐって議論となり、改めて対面で会合を行うことの重要さが認識された。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月27日-7月3日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS