療育手帳の法的な位置付けを検討 障害者部会

2022年 4月 25日

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者部会は4月25日、障害者福祉サービス事業者指定への市町村の関与や意思疎通におけるICTの活用、療育手帳のあり方などについて議論した。

 市町村は障害福祉計画などで必要なサービス見込み量を定めることが求められている一方、現状では事業者の指定に関与できない仕組みとなっている。

 このため、障害特性のニーズに応じた事業所の整備が行われていないことや、知らない間に新規事業者の指定が行われていたといったことが課題となっている。

 そこで、都道府県が行う指定障害福祉サービス事業者の指定に対し、市町村が関与できる仕組みの導入を検討することが厚労省から提案された。

 委員からは、基本的に賛同する意見が出た一方、総量規制となることで障害者が事業所を選択できなくなることへの懸念も示されていた。

 意思疎通におけるICTの活用に関しては、委員から支援者と障害者の双方が活用を促進することが重要との認識が提示され、障害者にとって自立への強力なツールになるとして、補装具として位置付けることを求める意見もあった。

 療育手帳は児童相談所あるいは知的障害者更生相談所で、知的障害があると判定された場合に交付される。これがあると、医療費の助成や公共交通機関の割引などのサービスを受けることができる。

 しかし、現時点で法的な位置付けがなく、各自治体が自治事務として運用しているため、自治体ごとに検査方法などの判定方法や認定基準にばらつきがあることが課題となっている。このため、法定化に向けた検討を進めていくことの必要性が指摘されていた。

 また、成人でも取得できるが、「療育」という名称では未成年に限られると誤解されるため、名称の変更を求める意見もあった。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

改正総合支援法見直しで報告書案 障害者部会🆕

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者部会は5月16日、障害者総合支援法改正法の施行後3年の見直しに関して、昨年12月の中間整理とその後の議論踏まえて事務局がまとめた最終報告案をめぐり…

ホームレスの平均年齢が過去最高 厚労省調査

 厚生労働省が4月26日に公表したホームレスの実態に関する全国調査によると、平均年齢は過去最高の63.6歳となったことが分かった。前回調査(2016年)に比べ2.1歳上昇した。  年齢別では70歳以上が34.4%を占めて最も多く、前回調査から14.7%増えた。高齢化が進んでいることを示している。  調査は2021年11月に東京23区や政令指定都市などの公園や河川敷、道路などで暮らす人を対象に個別面接を行い、1169人から回答を得た。性別は男性95.8%、女性4.2%。...

障害者虐待対応での自治体間のばらつき是正へ

 障害者虐待への自治体の対応にばらつきがあることに対し、厚生労働省は障害者虐待を担当する自治体職員向けに、虐待の判断に迷った場合などにとるべき対応や留意点をまとめて周知する考えを示した。4月18日に開催した社会保障審議会(厚労相の諮問機関)障害者部会で提案した。  2020年度に実施した障害者虐待に関する対応状況調査で、自治体によって「事実確認調査を行った件数」の割合と、「虐待と判断した件数」の割合に大きくばらつきがあることが明らかとなった。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(5月9-15日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS