短時間労働の特例延長を承認 障害者雇用分科会

2021年 11月 12日

 厚生労働省は11月10日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)障害者雇用分科会=写真=に、2022年度末までとしている精神障害者の短時間労働者に関する特例措置を延長する方針を示し、承認された。

障害者雇用分科会02

 併せて、新規雇い入れか手帳取得から3年間という特例措置期間の要件を外すことについても賛同を得た。

 事業者に障害者の雇用を義務付けている障害者雇用率制度では、精神障害者の雇用率を算定する際、1年以上継続して雇用され、週の労働時間が30時間以上の場合は1カウント、20~30時間の短時間労働では0.5カウントとしている。

 しかし、精神障害者の職場定着率は週20~30時間勤務が多く、職場定着を進める観点から、短時間労働者を1カウントとする特例措置が設けられている。

 この日、厚労省が示したアンケート調査では、精神障害者の継続雇用の課題として、身体障害者・知的障害者と比べ、不調時の対応に関するものが多く見られた。

 また、短時間労働者へのフルタイム移行に関する質問に対しては、移行を希望する人の割合が22.6%なのに対し、移行は困難とする人が33.3%、短時間雇用の継続を望む人が25.1%となり、移行を希望しない理由として、「今の働き方が自分に合っている」「体力が続かない」「体調や病状の悪化が心配」などの回答が多かった。

 こうしたことから、特例措置の延長と3年間の要件を外すことが提案された。これに対し、特例を延長し続けることへの懸念を示す声はあったものの、提案に異論を唱える委員はいなかった。

 なお、他の障害と異なり精神障害には「重度」の区分がないため、特例措置は重度に替わるものとなっている。重度に関して、この日の会合では調査・研究などにより引き続き検討していくこと、特例の期間は重度の検討について整理された際に改めて検討する方針も示された。

 委員からは重度を判定する仕組みや基準作り、明確化していくことなどに取り組んでいくことを求める意見が出されていた。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

23年の合計特殊出生率は1.20で過去最低に🆕

 厚生労働省がまとめた2023年の日本の人口動態統計(概数)によると、1人の女性が生涯に産む子供の数を示す「合計特殊出生率」は、1.20で、1899年の統計開始以来、過去最低となった。  2006年から上昇傾向が続いていたが、14年に低下し、15年に再上昇した後、16年から再び低下。22前年比では0.06ポイント低下した。  都道府県別では沖縄県が1.60で最も高く、宮崎県(1.49)、長崎県(同)が続いた。最も低いのは東京都で0.99と、初めて1を下回った。以下、北海道(1.06)、宮城県(1.07)の順だった。...

第9期の第1号保険料基準額 全国平均は6225円

 厚生労働省によると、第9期介護保険事業計画期間(2024~26年度)における介護保険の65歳以上が支払う第1号保険料の基準額は、全国平均で月額6225円となった。  要介護高齢者が増えていることによる介護給付費の増加や介護職員の処遇改善による介護報酬の増額などにより、第8期(21~23年度)に比べ211円(3.5%)増えた。  保険者別の基準額で最も高いのは大阪市の9249円。以下、守口市8970円、門真市8749円と大阪府の自治体が上位3位を占めた。...

障害者雇用数が110万人に 23年度実態調査

 厚生労働省が昨年6月に実施した「令和5年度障害者雇用実態調査」によると、従業員規模5人以上の事業所に雇用されている障害者数は110 万7000 人で、前回調査に比べて25万6000人増加(2018年度は85万1000 人)し、全体的に障害者雇用は着実に進展していることが分かった。  内訳は身体障害者が52万6,000 人(同42万3000 人)、 知的障害者が27万5000人 (同18万9000人)、精神障害者が21万5000人(同20万人)、発達障害者が9万1000人(同3万9000 人)で、いずれも前回調査を上回った。...

新型コロナ治療薬「ゾコーバ錠」の薬価を継続

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は3月22日、新型コロナ治療薬「ゾコーバ錠」について、緊急承認時の薬価を継続することを承認した。  塩野義製薬が製造・販売するゾコーバ錠は2022年11月に緊急承認され、23年3月に1錠7407.40円で薬価収載された。今月5日に通常承認されたことから、改めて薬価算定組織で検討していた。...

24年度診療報酬改定案を了承し答申 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は2月14日、2024年度診療報酬改定案を了承し、武見敬三厚労相に答申した。  今回の改定では、医療従事者の賃上げに向け、初診料や再診料、入院基本料などを引き上げた。  初診料については、現行の288点から291点へ3点、再診料は現行の73点から75点へ2点引き上げる。  また、看護師や薬剤師など医師以外の医療従事者の賃金の改善を行う場合は初診料で6点、再診料では2点を評価する「外来・在宅ベースアップ評価料」が新設された。...

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月3-9日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS