第1回在宅医療及び医介連携に関するWGを開催🆕

2021年 10月 14日

 10月13日、第1回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(WG)が都内で開催された(オンラインを併用し、一部の構成員はリモートで参加)=写真。座長に田中滋・埼玉県立大学理事長を選出し、議論の進め方を確認した。

WG01

 このWGは「第8次医療計画等に関する検討会」の下に設置された4つのWGの1つで、2024年度からの第8次医療計画で特に重要とされる在宅医療と医療・介護連携の推進について検討する。

 小児在宅医療・精神科在宅医療の関係者や町の行政職が参加し、第7次医療計画(2018~2023年度)策定に連動して開催された前回の同WG(2016年8月~2019年11月)と比べ、多彩な顔触れとなった。

 WGの議論は、「第7次医療計画の中間見直し等に関する意見のとりまとめ(医療計画の見直し等に関する検討会)」(昨年3月)が挙げる「在宅医療の見直しの方向性」に基づくものとなる。そのうち、医療的ケア児への支援とアウトカム指標、災害対応、などが重要視されている。

 こうした状況をふまえて事務局が提案する今後の検討事項は、①在宅医療の基盤整備、②患者の状態に応じた質の高い在宅医療提供体制の確保、③災害時や新興感染症拡大時における在宅医療の提供体制、が柱となっている。

 具体的な内容は、①は「訪問診療・訪問看護・訪問歯科・訪問薬剤管理指導のほか、リハビリや栄養指導を含む多職種連携、在宅医療・介護の関係機関の連携推進について」「情報通信機器等の活用を含む、効率的な在宅医療提供体制のあり方について」など。

 ②は「複数の診療科の医師の連携や急変時等入院医療との連携を含めた、住み慣れた地域における看取りを含む在宅医療提供体制の整備」「医療的ケア児をはじめとする小児に対する、訪問看護等との連携をふまえた在宅医療の体制整備」。

 ③は「新興感染症拡大時及び災害時における医療提供体制の確保や事業継続にかかる体制構築」「災害時における在宅人工呼吸器・在宅酸素患者の安否確認体制の構築や緊急時の医療機器の確保」「新型コロナウイルス感染症の自宅療養患者への医療提供をふまえた、今後の新興感染症拡大時における在宅医療提供のあり方や整備」である。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

継続診療加算など在宅医療めぐり議論 中医協🆕

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は10月13日、在宅医療について議論を行い、継続診療加算や在宅療養支援病院(在支病)の救急往診件数、外来を担当する医師と在宅医との連携、ターミナルケア加算などをめぐり委員が意見を述べた。  継続診療加算は在宅療養支援診療所以外の診療所がかかりつけの患者に対し、他の医療機関との連携により、24時間の往診体制と連絡体制を構築した場合に取得できるが、ほとんど算定されていないのが現状だ。  その理由として最も多いのが、24時間の連絡・往診体制構築に向けた協力医療機関が確保できないこと。...

関係団体からヒアリング 障害者雇用分科会🆕

 労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者雇用分科会は10月12日、雇用率制度や納付金制度のあり方などについて関係団体からヒアリングを行った。  各団体からは、特例調整金・特例報奨金の増額、雇用率制度の見直し、障害者雇用ビジネス(代行サービス)の問題、法定雇用率の算定式から就労継続支援A型事業所利用者の除外することなどに関して意見が述べられた。  特例調整金・特例報奨金に関しては、法定雇用率を満たさない場合に課される納付金額に比べ低く、企業が障害者を雇用するインセンティブとしては不十分であるとして、増額が求められた。...

入院医療に関する調査結果の速報を公表 厚労省

 厚生労働省が10月1日に公表した入院医療に関する2021年度の調査結果(速報)によると、急性期一般入院料1を算定している医療機関のうち、3割が「重症度、医療・看護必要度Ⅰ」の届け出を行っていることが分かった。20年度調査に比べ…

抗原検査キットの薬局での販売が可能に 厚労省

 厚生労働省は9月27日、新型コロナ感染症の医療用抗原検査キットを、特例措置として薬局で販売できるようにした。  PCR検査に比べ簡単で、短時間で結果が出ることから、体調が気になる場合、家庭などで自ら検査を実施できるようする。これにより、医療機関の受診につなげ、感染拡大防止を図る。  この検査では、綿棒を使って自分の鼻の穴の中をぬぐいキットの液に浸す。その液を数滴検体にたらすことで、15~30分程度で結果が出る。PCR検査に比べ容易に判定できるが、正確性の面で劣ることから、無症状者に対する確定診断には推奨しないとしている。...

軽・中等症用のコロナ治療薬を特例承認 厚労省

 厚生労働省は9月27日、新型コロナウイルスの治療薬として、英製薬大手グラクソ・スミスクラインの「ソトロビマブ(製品名:ゼビュディ点滴静注液500mg)」を特例承認した。  重症化のリスクが高い軽・中等症の入院患者が対象で、軽症者にも使える薬は抗体カクテル療法の「ロナプリーブ」に続き2つ目となる。  ロナプリーブ同様、中和抗体を使うが、ロナプリーブが2種類の抗体を使うのに対し、ソトロビマブは1種類のみ使用する。...

創刊1周年を記念し、全コンテンツを2週間無料で読めるキャンペーンを実施中!  詳しくはここをクリック

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(10月4-10日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS