第19回 公式見解と現場感覚が乖離するケアマネ不足

2023年 8月 23日

 医療と介護2040でも特集している通り、現場のケアマネジャー不足が顕著なのである。

 旧知の介護事業者から、「足りないのは介護職じゃなくてケアマネですよ。このままだと、ケアプランを作れなくなるんじゃないですかね」と吐露されたのが半年ほど前。ただ、地域差もあるのか、厚生労働省の資料では数値で明確に裏付けられてはいない。

 厚労相の諮問機関「介護給付費分科会」に6月に出された資料では、居宅介護支援事業所におけるケアマネジャーの従事者数は2021(令和3)年に11万7000人。19年の11万8000人から1000人減っているが、20年からは変わっていない。厚労省は「ケアマネジャーの従事者数は、ここ数年は横ばい」と表記している。

 もっとも、利用者の方は増えているわけだから、ケアマネも増やすか、職場の生産性を目に見えて上げることができなければ不足感は生じると思う。

 数年前から気になっていたことはある。介護職の賃金が、ケアマネジャーの賃金を超えるようになっていたことだ。介護職の賃金増自体は、処遇改善加算などの「成果」である。

 ただ、介護職が足りないという大合唱もあり、ケアマネ資格を持ちながら、もっぱら介護職として働いている人もいるだろう、とは思っていた。

 現場のケアマネジャーに電話してケアマネ不足の理由を聞いたら、こんな回答だった。

 「ほら、今、介護職の賃金の方がケアマネジャーよりも高いでしょう。以前は介護職の資格を取って、その後にケアマネジャーの資格を取って、というキャリアモデルがあったけれど、今は、それもなくなった感じがするわ」

 すっかりモチベーションが下がっているのであった。

データでは介護職よりケアマネの方が高収入
 賃金については、公平は期しておこう。厚労省が今年6月に公表した22年度の介護従事者処遇状況等調査結果によれば、ケアマネジャーの賃金は今も介護職よりは高い。

 例えば処遇改善支援補助金を取得している事業所では、22年9月に、ケアマネジャー(月給・常勤)の賃金は36万1770円だ。これに対して、介護職(同)の平均給与額は31万7540円。ケアマネジャーが4.5万円ほど高い。

 賃金のいわば“逆転”は、データで裏付けられてはいない。しかし、「介護職の賃金の方が高い」という声は施設や法人の責任者からも何度か聞いた。なぜか、みんな声を潜めて話すのである。

 ひょっとすると、常勤の介護職には夜勤や泊まりなどがあり、勤務形態が違うことも影響しているのかもしれない。

 勤務形態の差から賃金に高低が生じることはあると思うし、キャリアによって個々の賃金に高低が生じることもある。個々人の働き方や職能によって賃金に高低差が生じることはあると思うし、それ自体は問題はないと思う。

 ただ、ケアマネのモチベーションがいたく下がっていることには何らかの対処が必要だと思う。

 介護給付費分科会の会議で、「不足しているから、もっと簡単に資格を取れるようにすべきだと思う」なんて声が出てしまうようでは、本末転倒ではないかと感じてしまう。

 処遇改善については、ここ数年でやっと、原資を他の介護従事者にも充てることができるようになった。全体のバランスを考えながら、介護職の賃金を引き上げられるようになったのだ。

 政府が処遇改善加算をスタートした当初は、賃金引き上げの原資を介護職の賃金にしか充てることができなかった。

 だから、現場を運営する真面目な施設長や法人理事長らは収益から持ち出しで、看護師やケアマネジャー、事務職らの賃金も引き上げて、全体のバランスを取りながら介護職の賃金を上げてきた。その結果、介護事業経営実態調査で事業所の収益減として表れた。

 政治主導で始まった処遇改善だが、制度設計時もその後も、現場の声が十分に反映されているようには感じられない。

 ヤングケアラーや引きこもりなど、新たな難しい課題が出るたびにケアマネ頼りになる割には、ケアマネの気持ちは置き去りになっていく、そんな状況はおかしいと思う。

****
 この夏、旅行先でホテルに泊まった。夕食は午後5時15分から15分おきに指定できて、最終が6時半だという。早くない? ちょっと病院を思い浮かべた。

 指定した6時半に食堂で食事を始めた。料理が次々に出てきて、終わった皿は次々に片付けられる。せわしい。

 3人の女性が20卓くらいを切り盛りしている。そうか、人手が足りないのだ。
午後8時になると、女性たちは姿を消し、サービスはフロントマンに代わった。なるほど。だから6時半が最終だったのね、と納得感があった。

 午後8時半、ガランとした食堂を出ながら、人手不足はこの先さらに進んで、生活はどのように変わるのだろう、と思った。

時不知すずめ氏

時不知すずめ(ときふち・すずめ) 医療や介護について取材する全国紙記者

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

第20回 抗認知症薬レケンビの登場で生じる新たな懸念

 エーザイの抗認知症薬「レカネマブ(レケンビ)」が日本でも承認された。年内には薬価がついて医療現場に登場する。だが、気になることがある。
 
 今までよりも、「認知症早期」の診断を、多くの人が受けるようになる。レケンビの対象者が、アルツハイマー型認知症「早期」と軽度認知障害(MCI)の人だからだ。
 
 早期に検査を受ける人が増えて、確定診断を受ける人も増えるはずだ。その不安に対応できる社会になっているのだろうか?
 
 この人たちは、要介護認定を受けるには症状が軽い。行政サービスの網の目からはこぼれ、日々の暮らしや将来への不安を抱える人がむしろ増えるのではないか…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

第18回 少子化対策に透ける思惑、欠ける視点

 少子化対策がホットだ。合計特出生率は2021年には1.30と6年連続で低下した。2022年の出生数は80万人を割り込んだ。すわ一大事というわけだ。
 
 何を今ごろ言っているのかと思う。少子化の傾向は長らく変わっていない。対策に取り掛かるのが30年くらい遅いのである。
 
 しかも、政策のピントがずれている。対策の1丁目1番地は現金給付なのである。政策立案をする高齢の男性政治家に課題への共感がないからではないか、という指摘がある。
 
 子育ての孤独も、仕事と子育てを両立する苦しさも、貧困も、自分では経験したことがない人たちだからだ。
 
■伝統的家族観への回帰を期待?
 さて、児童手当の拡充である。現金を配りたがるのは、選挙を控えた政治家の常ではある。
 
 加えて、今回は伝統的家族観への郷愁も垣間見える。短時間労働や育児休業に現金給付を上乗せして…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

第17回 コロナ民間保険をめぐるドタバタ

 新型コロナウイルスをめぐる政策に混迷の色が濃い。医療者や保健所が重症患者に神経をすり減らしているのに対して、一般市民は相当にコロナ慣れしてきている。
■検査待ち
 あれ?と思ったのは、テレビの映像だった。第7波に入り…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

第16回 マスクも同調圧力で外すのか

 降ってわいたようなマスク騒動だった。いや、そういう表現は不適切かもしれない。多くの人はもう、マスクに嫌気がさしていたのだろう。
 新型コロナウイルス対策のマスク着用が海外では緩和され、ノーマスクで歩く人がテレビで大写しになる。それなのに、日本では…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

第15回 コロナ禍の「ときどき入院、ほぼ在宅」

 新型コロナウイルス報道で、高齢者施設の感染がしばしば取り上げられる。だが、そもそも「高齢者施設」が日頃、どんな課題を抱えていたのか、ほとんど知られていなかったんだなぁ、と思い至った。
■施設での医療と介護
 社内で話していても、病院と施設の区別がつかない人が少なくない。医療と介護の…

この記事は有料会員のみ閲覧できます。

1週間無料でお試し購読ができます  詳しくはここをクリック

新着記事は1カ月無料で公開

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(2月26日-3月3日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS