関係団体が支援に関し具体策を提案 障害者部会

2021年 4月 26日

108回障害者部会

 社会保障審議会(厚労相の諮問機関)障害者部会は4月23日、第108回会合を開催し、地域における障害者支援、障害児支援、障害者の就労支援などについて、関係9団体からヒアリングを行った=写真

 このうち、地域における障害者支援については、日本知的障害者福祉協会が障害のある本人の意思決定によりサービスが選択できる仕組みとすることの重要性に言及した。

 また、障害者支援施設を地域の中の「暮らしの場」の一形態と位置付け、障害者支援施設の日中活動の場と施設入所支援の場を一層明確化し、それぞれの場の充実を図るなどを提案した。

 障害者支援に関しては、全国手をつなぐ育成会連合会が家庭における養育や保護者支援、児童の最善の利益などに基づき抜本的な見直しが不可欠と指摘した。

 放課後等デイサービスについては、小学生向けと中高校生向けに区分した上で、小学生は放課後児童クラブの利用を原則とし、事業所指定では放課後児童クラブと相互に併設できる仕組みを提案した。

 障害者の就労支援に関しては、全国地域生活支援ネットワークから20 時間未満であっても雇用率へ算定可能とすることや、一般就労しながら就労継続支援事業を利用可能とする考えが示された。

 また、農福連携が言われる中、社会福祉法人では収益目的で新規農地を購入できないため、購入可能として新規参入をしやすくしてはどうか、といった提案がなされた。

 これ以外の各団体も、提示されたテーマに関して現実的・具体的な意見・提案などを提示していた。

このカテゴリーの最新の記事

このカテゴリはメンバーだけが閲覧できます。このカテゴリを表示するには、年会費(年間購読料) もしくは 月会費(月間購読料)を購入してサインアップしてください。

単月調査の6月実施を承認 中医協

 中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)は5月26日、2022年度診療報酬改定の基礎資料となる医療経済実態調査について、厚労省が提案した単月調査の対象月を6月とし、比較対象として2019、20年6月についても調べる案を承認した。
 単月調査については……

接種券ない人にも接種可能に 余剰ワクチン

 厚生労働省は5月25日、キャンセルなどで新型コロナワクチンが余った場合、廃棄せずに接種券を持っていない人でも接種できることを自治体に通知した。これまではキャンセルなどがあっても、接種券を持っている人だけが接種できることになっていた。...

中間取りまとめへ骨子案 外国人雇用対策検討会

 厚生労働省は5月24日、「外国人雇用対策の在り方に関する検討会」に、中間取りまとめに向けた骨子案を提示した。この日も含め5回の検討会で関係者から行ったヒアリングや検討会のメンバーからの意見などを踏まえ、課題と対応の方向性を示した。...

総合支援法見直しでヒアリング 障害者部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)障害者部会は5月24日、前回に続き障害者総合支援法の施行後3年を目途とした見直しに関して関係団体からヒアリングを行った。
 日本重症心身障害福祉協会は、グループホームでの胃瘻からの処方薬注入や一定量を超える浣腸なども介護職が行えること、現在、児童に限られている……

ヤングケアラー支援策承認 厚労省・文科省PT

厚生労働省と文部科学省によるヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチームは5月17日、早期発見・把握するための取り組みや国の支援策などを盛り込んだ取りまとめ案を承認した。
 早期発見・把握するため、福祉・介護・医療・教育などの関係機関、専門職・ボランティアなどを対象に……

有料記事は990円(税込)で1カ月読み放題

*1年間は1万1000円(同)

〈新着情報〉〈政策・審議会・統計〉〈業界の動き〉は無料

【アーカイブ】テーマ特集/対談・インタビュー

コラム一覧

【アーカイブ】現場ルポ/医療介護ビジネス新時代

アクセスランキング(6月14日)

  • 1位
  • 2位
  • 3位 90% 90%
メディカ出版 医療と介護Next バックナンバーのご案内

公式SNS